婚姻中に返済した配偶者の借金、親から借りたお金の返済、婚姻前の貯金で支払った配偶者の借金等離婚後に返済してほしいと思うお金をどのように約束して公正証書に記載していくのかについて相談を受付しております。

夫婦間の借金清算 | ひとみ行政書士事務所

夫婦間の借金清算

離婚をするにあたってお金の問題はたくさんありますね。
下記のような金銭の取り決めは
口約束ではその後の支払いが不安です。
養育費と同様に公正証書に記載して
しっかりと書面にしておくことをおすすめ致します。

〇婚姻中に肩代わりした配偶者の借金
〇親が肩代わりして払ってくれた配偶者の結婚前の借金
〇婚姻中に婚姻前の貯金で支払った配偶者の車代等

財産分与における借金の考え方

離婚時の財産分与には土地や建物、預貯金等のプラスの財産の他に
借金のようなマイナスの財産ももちろん財産分与の対象となります。

借金の財産分与の場合はあくまで
婚姻中に二人で借りたお金が対象になります。
よって、マイホームや車のローンや子供の教育ローン
生活費のためのショッピングのリボ払いや分割払い
カードローンやキャッシング等も夫婦二人で借りたお金となります。

一方で結婚する前に借りていた借金
家族のためではなく趣味でローン購入した高額な商品
パチンコに利用するために借りたキャッシングやローン金等は
一般的には離婚時の財産分与の対象とはなりません。

公正証書に記載する際の注意点

上記のような金銭支払いの項目を
公正証書に文章として入れるのは個人作成では難易度が高くなります。

当事務所にご依頼いただければ
養育費と同じ公正証書に記載することができるように
お客様の希望を最大限に考慮したうえで
法律と照らし合わせて文章を作成致します。

まずは無料相談からお気軽にご利用ください。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ