旦那の浮気が発覚した、不倫の慰謝料を請求したい、不倫後の夫婦関係修復について

不倫の証拠とは

不倫の証拠とは

それではいったいどのようなものが不倫の証拠となるのでしょうか?
ここでは慰謝料請求裁判となった場合に
不倫の証拠として認められる可能性が高いものをみていきます。

 

①ラブホテルへ出入りしている写真
⇒裁判を見据える場合は複数回の出入り写真と
短い時間の滞在で肉体関係はなかったとの言い訳を防ぐため
どのくらいの時間ラブホテルに滞在していたのかわかるように時間も記録できていると良いです。

 

②肉体関係を結んだことが明らかなメールやLINEのやりとり
⇒「愛しているよ」や「また会いたい」等のやりとりは一般的には不倫確定ですが
不貞行為の証拠となると少し弱いものがあります。
(相手方がプラトニックラブを主張する可能性があるので)
これらのやりとりも1つでは証拠力が小さいですが
重ねることで裁判では意味を持つ可能性も十分に考えられます。

 

ここで言う肉体関係を結んだ証拠というのは
具体的にズバリ行為をしたことが記載されているメールやLINEを指します。

 

③本人が不倫を認めたLINEやメール、ボイスレコーダー
⇒ご自身で証拠をとるのであれば相手の自白が一番取りやすいでしょう。
相手が自ら「不倫をした」「不貞行為をした」と発言していれば証拠となる可能性が非常に高くなります。

 

裁判にまで発展しても必ず慰謝料を請求したいと思うのであれば

探偵や興信所を利用するのが確実でしょう。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ