不倫後に再構築を目指す場合はもう不倫しないという口約束だけではなく誓約書等の書面に残すことをおすすめ致します。再度不倫をした場合の慰謝料や離婚になった場合の慰謝料・養育費・財産分与等を記載することが可能です。もう不倫はしないように誓約書で約束してもらいましょう。

不倫誓約書 | ひとみ行政書士事務所

夫婦間の誓約書

不倫が発覚しても再構築を目指す夫婦も
多くいらっしゃいます。
不倫した配偶者から「離婚はしたくない」
「不倫相手とはもう別れる」等の申し出があり
再構築を考える事もあるでしょう。

しかし、不倫は繰り返すのが特徴でもあります。
不倫の事実を許すのであれば
もしまた不倫をした場合のペナルティや約束は
しっかりと書面に残しておくことをおすすめ致します。

夫婦間の誓約書を作成するメリット

もしまた不倫をしたらどうなるのか
という事を明確に定めることによって再度不倫をすることを
抑止できる効果があります。
また、万一離婚になった場合に
こちらの要求を受け入れてもらえる可能性が高くなります。
協議が整わず調停、裁判に発展した場合は
誓約書が立派な証拠となります。

夫婦間の誓約書に記載する事

不倫の事実を認めさせる
まずは不倫の事実をしっかりと認める文章にします。
その後に不倫はもうしない、不倫相手とはもう連絡はとらない
等の約束をしてもらい謝罪の文章を添えましょう。

慰謝料の金額
再度不倫をした場合に慰謝料を払ってもらう事を書きます。
慰謝料の金額は具体的に〇〇万円とするのが良いですが
1,000万円、一億円等の現実離れした金額では
証拠にならなくなってしまう可能性がありますので
現実的な金額に設定すると良いでしょう。
不倫相手にも慰謝料を請求する旨も記載することができます。

離婚協議に応じる事
再度不倫をしてこちらが離婚をしたいと思った場合に
離婚協議に応じるように約束をしてもらう事で
また同じように「もうしないから離婚しないでください」と言い訳をすることを
防止することができます。
許すのは1度きり。そうしっかりと自覚してもらう事が重要です。

親権・養育費・財産分与について
再度の不倫が原因で離婚になった場合の
親権・養育費・財産分与について記載しておくことで
離婚協議の際に記載した条件で納得してもらえる可能性が高くなります。
また、養育費や財産分与等の現実的な話しをすることで
「もう一度不倫をしたら大変なことになる」と自覚をしてもらう事ができます。

夫婦間の誓約書を作成する際の注意点

誓約書を作成する事で不倫の再発防止や
離婚になった場合に慰謝料を支払い養育費を払うことになるという
自覚をもってもらい、自分のした事の重大さを認識してもらうことは大切です。

しかし、やりすぎてしまうと、再構築を考えていた気持ちが薄れてしまい
あなたへの気持ちが冷めて、再構築できずに離婚になってしまうというリスクもあります。

不倫をした配偶者には強い態度を示すことも大事ですが
これから再構築をしていくという事も念頭に置いて
相手の気持ちや様子を伺いながら話し合いをすすめていきましょう。









ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ