不倫相手に慰謝料を支払ってもらうことになった場合は口約束だけで終わらせず約束をしっかりと和解書(示談書)として残すことが大切です。不倫慰謝料請求の和解書(示談書)作成のポイントを札幌の行政書士がご案内致します。

不倫和解書(示談書) | ひとみ行政書士事務所

不倫和解書(示談書)

不倫相手との話し合いで相手方が慰謝料を支払う事を
約束してくれたり、配偶者とはもう交際をしない、会わない等を
宣言した場合は口約束だけで終わらせてはいけません。

約束をしっかりと形にするために
和解書(示談書)を作成することをおすすめ致します。
作成書面は和解書、示談書、合意書、契約書等が使われますが
書面の呼び方によって法的効力は変わりません。

和解書(示談書)を作成する目的とメリット

和解書を作成せず口約束の場合,慰謝料の未払や遅れ、
異なる金額の支払など後々にトラブルになる可能性があります。
これらのトラブルを未然に防ぐのと同時に不倫相手が約束を破る事を抑止できます。
不倫相手にとってもメリットがあり、不倫の慰謝料について和解書を作成することで
再度慰謝料を請求されたり、話を蒸し返されることを防ぐことができます。
不倫相手にとってもメリットがあるという事を理由に
和解書を作成するように話し合いをすすめると良いでしょう。
また、トラブルが発展し、裁判になった場合には立派な証拠となります。

和解書(示談書)に記載する内容

一般的な和解書に記載する内容は以下です。

〇不倫関係の事実の確認
〇謝罪や不倫関係を清算するのであればその旨
〇慰謝料の金額、支払日、支払方法等
〇約束を守らなかった場合のペナルティ
〇記載されている内容でお互いが納得したという事
 (不倫問題はこれで解決したという事)
〇和解成立日
〇当事者の住所、氏名、なつ印

和解書(示談書)を作成する際の注意点

和解書を作成した後は原則として交渉のやり直しができません。
一方的に和解書を作成し、相手が納得しないまま無理やり印鑑を押させたりすると
後にトラブルに発展する可能性があります。
また、記載内容が曖昧であったり、お互いに意味を別に解釈できる
内容であったりしても後のトラブルの元になります。
そういった意味でも独自で作成せずに専門家に相談する事をおすすめ致します。






ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ