離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

不倫の慰謝料請求で必要な証拠とは?

2018-04-22 20:04:44
テーマ:離婚の知識

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございま

 

夫・妻が不倫をしている場合
不倫をした夫または妻に慰謝料請求できることはもちろん
不倫相手にも慰謝料が請求できます。

 

しかし、慰謝料請求するには「証拠」が必要です。
いったいどんなものが離婚裁判での証拠となるのでしょうか?

 

一番手っ取り早いのは本人の証言です。
夫または妻が発見した不倫の証拠を突き付けて
不倫をしていたことを認める発言があり
慰謝料を払うので離婚をしてください。
と相手が言ってきたのであれば
協議離婚で事は済みます。

 

しかし、夫または妻が発見した不倫の証拠で
認めなかった場合は少し大変です。
明らかに不倫をしている。
しかし相手は認めない。
認めないどころが慰謝料も払わないと言っている。
このような状況では協議が整わないため
調停⇒裁判へとすすむことになります。

 

離婚裁判で不倫の証拠と認められるには下記のような
確固たる証拠が必要になります。
・ラブホテルに出入りしている写真や動画
・性行為を行っている写真や動画や音声
・性行為を行ったことが具体的に記載された 
 メールやLINEの文章
・相手が不倫をしている事を認めた音声の録音

 

上記のようなものが確固たる証拠となります。
はっきりいって1人ではこのような証拠を手に入れることは
難しいでしょう。
不倫調査に精通している探偵事務所にお願いするのが
良いと思います。

 

不倫していることは間違いない状況でも
裁判では上記のような証拠が必要になります。

 

しかし一般的には
日曜日に休日出勤と言って家から出ていったのに
ちょっとおしゃれなレストランで2名で食事をした
レシートがでてきたり、
「昨日はありがとう♪楽しかった♪」という内容の
異性からのメールやLINEを発見したら
もう不倫は9割確定ですよね。

 

もし上記のような確固たる証拠がない場合でも
慰謝料請求したいのであれば諦めずに
小さな証拠をコツコツ溜めることが重要です。
そしてある程度証拠が集まった状況で
離婚問題に精通している弁護士さんに相談しましょう。
場合によっては確固たる証拠でなくても
弁護士さんの力で小さな証拠を集めたもので
裁判で証拠と認められる場合もあるでしょう。

 

本気で慰謝料を請求するには
長い道のりになるかもしれませんし
精神力も必要ですが1人で悩まずに
専門家に相談してみてくださいね。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ