離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

他人の土地に家を建てる際の土地の権利は?

NEW !2017-08-29 20:52:13
テーマ:離婚の知識

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

体調不良によりお休みしておりました。
楽しみにしてくれている皆様、申し訳ございません。

これからも無理せず更新したいと思います。

さて、前回の記事で
親の土地に家を建てる
ことについて記載しました。

日本では「土地」と「建物」は別の
不動産です。

もちろん、「土地」と「建物」の
持ち主が違う という状況もおこります。

このような場合は
「土地」の持ち主に了解を得て
土地を借りて建物を建てますね。

土地を建物所有の目的で
お金を払って借りる

これで「借地権」が成立します。

「借地権」は土地に登記をすることで
土地の持ち主が変わっても対抗することが
できますが、登記にはもちろん土地の持ち主の
協力が必要なので一般的ではありません。

そこで借地借家法では
「借地権は、その登記がなくても、土地の上に借地権者が登記されている建物を有するときは、これを持って第三者に対抗する事ができる」
としています。

つまり、借地契約を結んでいる人の名義で
建物の登記がされていれば第三者に対抗することが
できる。というわけです。

気をつけていただきたいのが
親の土地に建物を建てた場合
無償で土地を利用していることがほとんどであるため
「借地権」が存在していない。

ということです。

つまりは親の土地に建物を建てた
子供は、土地に関するなんら権利を持っていないということになります。

これが相続や売買が発生した際に
揉め事になる原因です。

税金等の問題もあるとは思いますが
長い目でみると、土地と建物の登記名義は
一致させておいたほうが後のトラブル回避となるでしょう。

A bright future will come tomorrow

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ