離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

夫にイライラする原因はあなたの心の囚われが原因かもしれません

NEW !2017-08-19 21:40:58
テーマ:心

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

夫婦となると親戚付き合いや両親との付き合い、場合によっては
多少我慢しても付き合わなくてはならないお酒の席等もあるでしょう。

夫婦といえど、お互いに産まれた家も育った環境も違うので
お互いの家や両親のことがすべて理解できるわけではありません。

そんな時にイライラが減少する方法を
お話いたしますのでご参考までに。

「夫婦なら相手の気持ちを常に考えて
行動するのが当然」と思っていませんか?

☆妻が忙しそうにしていたら、気持ちを察して
夫は「何か手伝おうか?」と言うのがあたりまえ。

☆妻がイライラした態度をとっていたら
夫は「どうしたの?何か気に障ることした?」
と自分が妻の機嫌を悪くしたのかも。と考えるのが当たり前。

如何でしょうか?
冷静に考えるとなかなか高度な難題ではないですか?

上記のような事を日々要求すると夫は会社でいろいろな問題を抱えて
家に帰ってきてほっと気の緩むまもなく営業接待のような気づかいを
家でも妻に求められているような気になるのではないでしょうか?

上記のような「前提」があると
夫が自分のシナリオどおりの対応をしないことに
「イライラ」や「怒り」を感じるのです。

そして「イライラ」や「怒り」がピークになったときに夫にそれをぶつけると

「突然怒った」

となります。

いくら夫婦でも「言わなければわからない」
ことはたくさんあるのです。

今日から「こうあるべき」「こうするのが当たり前」
という考えを捨ててみましょう。

するとイライラや怒りから解消されるはずです。

今のあなたは「こうあるべき」「当たり前」
こういったものに囚われていませんか?

夫婦が100組あれば関係は100通り。
夫婦の関係にマニュアルなんて存在しないのです。

A bright future will come tomorrow

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ