離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

養育費の給与差押えは将来分まで可能なんです

2017-07-24 22:25:26
テーマ:離婚の知識

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

公正証書を作成する
最大のメリットはなんといっても
養育費の強制執行ができることです。

強制執行のなかでも養育費は特別です。

通常の借金等は給与の4分の1までしか差押えできないのに対し、
養育費の強制執行は2分の1まで可能です。

また、借金等の強制執行は
滞納するたびに行わなければならないのに対し
養育費の強制執行は将来にわたり可能なのです。

養育費の滞納があり、将来にわたって強制執行を
すると、滞納分の支払いが終わって通常の支払いサイクルに入っても
妻が強制執行を取り下げない限り毎月養育費が給与から差押えられるのです。

このように、養育費の未払いを防ぎ
確実に支払ってもらうためには
公正証書はかなり有効なものです。

公正証書を作成すると養育費を差し押さえることができる。

この事実だけでも
相手に心理的なプレッシャーを与え
未払いを防ぐのには効果が十分あります。

離婚後、シングルマザーでの生活は
とにかく金銭面で大変です。
養育費を払ってくれる約束ができたら
公正証書を作成することをおすすめ致します。

A bright future will come tomorrow

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ