離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

公正証書作成には手数料がかかります

2017-07-05 22:36:29
テーマ:離婚の知識

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

離婚公正証書を作成する場合
当事務所の報酬とは別に公証人役場に支払う手数料が発生します。

以下、札幌中公証役場HPより抜粋
【離婚の手数料】
ア 財産分与と慰謝料はそれらを合算した額で手数料を算定、養育費はこれとは別個に手数料を算定、以上の合算額
イ 年金分割合意は、原則として、11,000円

※養育費は支払期間が長期にわたる場合でも、
10年分の金額のみが目的価額になります。

【公証人手数料】
100万円以下のもの 5,000円
100万円を超え200万円以下のもの 7,000円
200万円を超え500万円以下のもの 11,000円
500万円を超え1,000万円以下のもの 17,000円

例えば
財産分与=100万円
慰謝料=300万円
⇒合計で400万円なので 11,000円となります。

養育費=月々30,000円×10年=360万円
⇒11,000円

よって合計の手数料は22,000円 となります。

養育費が大きくなると
手数料の金額も大きくなります。

前もって公証人役場に確認しておくのもひとつの方法です。

行政書士に公正証書作成を依頼する場合は
公証人手数料とあわせて
10万円前後を予定すると良いのではないでしょうか。

かかる金額は安くはないですが
将来養育費を強制執行できることが
公正証書のメリットです。

養育費のとりきめがある方は
公正証書の作成をされることを是非ご検討下さい。

A bright future will come tomorrow

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ