離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

子供に離婚を伝えるときに心がけたい3つのポイント

2017-06-01 22:02:54
テーマ:育児

 

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

離婚を考えた時に子供にどうやって伝えようか?
慎重に考える事だと思います。

 

3つのポイントを纏めましたので
悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

 

①あなたの気持ちを素直に伝える

子供は小さくても親の言うことはしっかりと理解しようとします。
また、小さくても嘘をついていることは
何となく感覚で感じてしまうこともあるのです。

 

あなたの言葉で素直に●●という理由でママはパパとは
別々に暮らすことになったんだ。と伝えるのが良いと思います。

 

②感情的に父親の悪口を言わない

気持ちを素直に話すとはいっても感情的になってはいけません。
パパはひどい!!最低!!と言っても子供にとっては「父親」なのです。

 

子供の心に影を落としてしまうこともありますので
感情的に話さないように心がけましょう。

 

③子供の気持ちをきちんと聞く

離婚する理由や気持ちを話したら
今度は子供の考え・気持ちをしっかりと聞きましょう。

 

小さくても思っているところはあるし
お子さんによっては

 

「自分が原因なんだ」
「自分がパパとママを仲直りさせてあげられなかった」

 

と考えている場合もあります。

 

「どう思っている?」と必ず問いかけましょう。

 

まとめ

小さいからまだよくわからないと思ってはいけません。

 

ある程度会話が成立する
2-3歳くらいからしっかりと子供と向き合うことが大切です。
そしていつでも子供が自分の気持ちを言えるようになることを心がけましょう。

 

離婚後のシングルマザー生活に入ると

 

「ママは大変」「ママは忙しい」

 

とどうしても遠慮がちになってしまいます。

 

良い信頼関係が築けると良いですね!

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ