離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

離婚協議書・離婚公正証書の違いをメリット&デメリットでわかりやすく解説

2017-05-23 23:19:59
テーマ:離婚の知識

 

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

離婚のときの約束をどう書面に残すか?
そこまで必要なのか?迷いますよね。

 

離婚協議書・離婚公正証書はどう違うのかも
なんだかややこしいと思います。
そこで今日は2つの書類のメリットとデメリットをまとめてみました。

 

離婚協議書

☆メリット☆

・自分で作成できる
・専門家に頼んでも安価
・作成時間がかからない
・夫婦二人が合意し署名捺印で完了

 

☆デメリット☆

・「私文書」である
・偽造の可能性がある
・内容に不備があると無効になってしまう
・紛失したり汚れたり破れたりする可能性がある

 

☆ポイント☆

離婚した後の「言った・言わない」を防ぐために有効です。
二人で作成すると料金はかかりません。
専門家に依頼しても公正証書に比べ安くすみます。
また、お互いが協議書に署名・捺印すれば終了なので時間もとられずにすみます。

 

しかし、あくまで「私文書」ですので
内容に不備があった際に無効になる場合があります。
養育費や慰謝料の未払いがあっても強制執行はできませんが
後に調停や裁判になった際に離婚協議書が役立ちます。

 

離婚公正証書

メリット

・「公文書」である。
・慰謝料・養育費の未払いがあった場合は
 強制執行が可能
・最終的に公証人が確認・作成するので
 内容が確実
・夫婦二人が公証人役場へ行き作成するので
 偽造ができない
・公文書を作成した精神的プレッシャーを
 相手に背負わせることができる
・紛失しても公証役場に保管があるので
 再発行してもらえる

 

デメリット

・公証役場の手数料がかかる
・専門家に依頼する場合報酬が発生する
・内容が複雑な場合作成に時間がかかる
・相手方が作成に応じてくれない場合がある
 (そこまでしなくてもいいと言って作成してくれない)
・公証役場が平日昼間なので時間がとれない

 

☆ポイント☆

何といっても公正証書のメリットは
高い証明力と証拠力。そして強制執行ができることです。
養育費や慰謝料等、数年にわたり毎月支払いがある場合は
強制執行ができることは大きなメリットです。

 

まとめ

夫婦それぞれに離婚の理由があり、
離婚のカタチも異なります。
自分にとってどのような約束が
ベストなのか?もし迷っている方がいたら
是非無料相談をご利用ください。

 

誰かに話すことによって気持ちが整理できたり、
考えがまとまったりすることもありますよ。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ