離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

結婚・離婚 会社での手続きはどうするの?確認したい5つのこと

2017-05-16 21:32:24
テーマ:日記

 

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

秋篠宮ご夫妻の長女の眞子さまが
「近くご婚約へ」との事です。

 

とてもおめでたいニュースですね。
早くお幸せなお二人のお姿がみたいですね。

 

さて、結婚、離婚となると勤めている会社にも手続きが必要となります。
順番に説明しますね。

 

①直属の上司になるべく早く報告する
⇒結婚の場合は婚約したらすぐに報告しましょう。
 結婚式の予定があり、出席をお願いする場合は
 決まり次第すぐの報告が良いですね。

 

 離婚の場合も協議に入ったら報告しましょう。
 手続きの関係で場合によっては会社にお休みを
 もらわなければならない事もありますね。

 

②会社に届出している社員情報を変更する
  (結婚届、離婚届提出後)
⇒会社の人事または総務担当者に相談し
  社員登録情報の変更書類をもらいましょう。
  家族の情報が変わる場合にはその会社によって
  提出書類が異なりますので確認が必要です。
  会社によって添付書類も戸籍・住民票と異なります。

 

③給与口座の氏名変更
⇒氏名が変更になると銀行口座氏名も変更になります。
  届出をしましょう。

 

④社会保険の手続き
⇒パートの場合、新しく夫の扶養に入る場合は
  夫の会社で手続きをしましょう。
⇒扶養に入らない場合でも保険証の氏名変更が必要です。
⇒離婚により新たに子供を扶養に入れる場合は
  会社に届け出が必要です。

 

⑤住所変更・交通費申請変更
⇒結婚・離婚で住所が変更になる場合は
 会社に届出している住所の変更と併せて
 新しい住所で交通費の申請が必要です。

 

以上、大きな変更を5つご紹介しました。
会社によっては、苗字が変更になっても
会社では以前の苗字をそのままデスクネームとして利用できる場合もあります。

 

以前の苗字をそのまま使いたい場合は
会社の担当者に相談をしてみると良いですね。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ