離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

日本の養子縁組 2つの養子縁組の違いを簡単なポイントで解説します。

2017-05-14 22:34:07
テーマ:離婚の知識

 

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきましてありがとうございます。

 

養子縁組には
「特別養子縁組」と「普通養子縁組」の2種類があります。

 

違いがよくわかりませんよね。
どう違うのかわかりやすく解説します。

 

【特別養子縁組】
・養親になれるのは「結婚している夫婦」です。独身の方は養親になれません。
・夫婦ともに成年で片方が25歳以上でなければなりません。
・養子になれる年齢は、原則として家庭裁判所に申し立てた時に6歳未満であること
・実父母の同意が必要
・家庭裁判所による承認の審判が下り確定すると
実父母との親子関係は終了します。
戸籍には「長男・長女」と記載され、実の父母の名前は記載されません。

 

【普通養子縁組】
・単身者・独身者も養親になれる
・養親は成人していること
・養子になれる年齢⇒制限なし
・養子になるものが15歳未満の場合親権者の同意が必要
・実父母との関係は継続⇒実父母の相続権がある。
戸籍には「養子・養女」と記載され、実の父母の名前も記載があります。

 

再婚して連れ子を養子縁組した場合、
連れ子が「養子・養女」
再婚相手との間に産まれた子供が「長男・長女」
と記載されます。

 

このように比べてみると特別養子縁組のハードルは非常に高いですね。
再婚した場合は「普通養子縁組」が多いです。

 

養子縁組の違いが気になった際は是非参考にしてみてください。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ