離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

養育費はいくらが妥当なの?養育費はいくらもらえるの?

2017-05-11 22:42:14
テーマ:離婚の知識

 

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

養育費はいくらが妥当か?
と悩むところですね。

 

まずは裁判所が公開している
養育費算定表をみてみましょう
こちら

 

こちらはあくまで算定表になります。

 

いくらが妥当なのか??
というのはお互いの夫婦生活や相手の状況によっても異なります。

 

養育費は払わなくてはいけないお金ですが
現実的にお金のない人に払えと言っても無理な話です。

 

離婚した相手方にも離婚後の生活がありますから
あまり無理な金額は要求しないほうが得策と思います。

 

金額は少なくても良いから
確実に毎月支払ってもらいたい!!

 

という気持ちがあるのなら
相手の今後の生活状況を考慮したうえで
実際に支払いを続けていくことができる金額で話し合いをするのはどうでしょうか?

 

どうしても相手を苦しめたい。
とれるだけとりたい。
生活ができなくなるまで追い詰めたい!!

 

というなら話は別ですが・・・

 

あなたの離婚後の新しい生活が充実したものになるためにも
上記のような恨み・つらみの感情よりも
あなた自身が幸せになれることを考えてはいかがでしょう。

 

協議離婚の場合、養育費はお互いの話し合いで決定します。
どんなに多くても少なくてもお互いが同意すればよいのです。

 

一般的にどのくらい?がわからないので話し合いができない・・・
という場合は参考に算定表をご確認下さい。

 

算定表から見ると、30代男性の平均年収500万円、
子供が2人、奥様の収入が年収200万円の場合は
月 5万円 ということになります。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ