離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

シングルマザーのもらえる手当~児童扶養手当/母子手当 いくらもらえるの?

2017-04-28 23:10:38
テーマ:私の離婚体験

 

こんにちは 行政書士 今井仁美です。

 

離婚後、シングルマザーになった際に
もらえるお金についてお話致します。

 

いわゆる
「母子手当(父子手当)」
が有名ですね!

 

正式な名称は
「児童扶養手当」といいます。
父母の離婚などで、父又は母と生計を同じくしていない児童がいる
ひとり親家庭に対して、生活の安定と児童の福祉の増進を図ることを目的として支給される手当です。

 

札幌市の現在の支給額ですが

 

1月から6月までに申請すると・・・前々年の所得
7月から12月までに申請すると・・・前年の所得

 

で支給額が決定します。

 

どちらにせよ、働いていなくて
収入がなかった場合、全額支給となりますので
子供が1人の場合、1ヵ月あたり 42,290円が
4月・8月・12月の支給日に4か月分まとめて支給されます!

 

私も母子家庭時代はこの手当に本当に助けられました。
4か月分まとめて支給されるのがほんとうに助かりました。

 

まとまった支払いがある時はこの手当で払えるように
支給月以外の生活費を調整して何とかやりくりをしていました。

 

働くようになると
年収が57万円未満の場合全額支給となり
57万円を超えると一部支給となります。
ここでいう「年収」とは
源泉徴収票のなかの「給与所得控除後の金額」です。

 

一部支給額の支給額計算方法は

 

児童1人目の場合
=42,280円-(所得-Y)×0.0186705
※Y=全部支給所得制限限度額(例えば、扶養1人のときは57万円)

 

例えば
パートで月に10万円の収入の場合
上記計算式に当てはめると
1ヵ月あたりの支給額は30,517円となります。

 

働いたら児童扶養手当の支給額が減って
損するんじゃ・・・・と思いがちですが、
母子手当の支給額が減る金額よりも
パートのシフトを増やして収入を増やしたほうが合計の収入は多くなります。

 

子供が小さいと
一人で子育てをするのは大変なので
ご自身の体力と相談して
無理のない範囲で働けると良いですね音譜

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ