札幌で離婚に関する様々なお悩みを無料相談メインに承り女性目線で問題解決のサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

再婚したとき~子供の養子縁組は必要か?

2017-04-10 20:00:00
テーマ: 離婚の知識

 

こんにちは 行政書士 今井 仁美です。

 

今日は離婚→再婚した際の養子縁組についてお話いたします。

 

配偶者と離婚し、あなたが子供の親権者となった場合
今までは

 

【夫・あなた・子供】
であった戸籍から、離婚により新たに
【あなた・子供】
という戸籍ができます。

 

そしてあなたが再婚した場合婚姻届けを出すことによって

 

【新しい夫・あなた】
という戸籍と
【子供】
という戸籍の二つになります。

 

【あなた・子供】
という戸籍からあなただけが抜けて新しい夫と婚姻し
あなたと夫との新しい戸籍ができるのです。

 

婚姻届を提出しただけでは
あなたの子供は当然に新しい夫の戸籍には入りません。

 

【新しい夫・あなた】
の戸籍に子供を入れるには養子縁組届が必要になります。

 

養子縁組届を出すことで
【新しい夫・あなた・子供】
という戸籍ができます。

 

子供が高校生・大学生くらいである程度年齢が大きい時は
子供の苗字が変わってしまう等の理由で養子縁組届を提出しない方もいますが
遠い未来の相続を考えると養子縁組届を出したほうが良いと思います。

 

新しい夫・あなた・あなたの子供

 

の家系図の場合
養子縁組をしていない場合新しい夫よりも先にあなたが亡くなった場合
新しい夫が亡くなった際にあなたの子供に相続権がないのです。

 

例をひとつあげると
新しい夫と再婚したあなたは新築の一軒家を購入しました。
あなたの連れ子は15歳。思春期ということもあり
苗字が変わるのが嫌だということで再婚当初養子縁組はしませんでした。

 

新築した一軒家の名義は新しい夫です。
再婚後には二人の間には子供が生まれませんでした。

 

時はたち、あなたが先に他界。後に夫が他界しました。
が、妻のあなたが先に他界している為法定相続人は夫の子供になります。
が、養子縁組をしていないのであなたの連れ子は相続人にはなれません。

 

そうすると、夫の両親が存命の場合は両親。
他界している場合は夫の兄弟が法定相続人となるのです。

 

再婚の際はこういったケースも考えて届けでを考えておくとよいのかもしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ