離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

相続した財産でも離婚で財産分与になることがあるのでしょうか?

今日は財産分与に関するお話です。

 

離婚時の財産分与は基本的に2分の1となります。

 

財産分与の対象となるものは
「夫婦の共有財産」です。

 

夫婦の共有財産とはどのようなものか?というと
結婚してから二人で得た財産のことを指します。

 

結婚する前からお互いに持っていた財産は
共有財産ではなく「特有財産」となり、財産分与の対象とはなりません。

 

離婚の財産分与を考える時にはまず、共有財産なのか?特有財産なのか?ということを
考えなければなりません。

 

それでは、婚姻中に夫が夫の父を相続して得た財産はどうなるのでしょうか?
これは「特有財産」となり離婚時の財産分与の対象とはなりません。

 

相続財産とは、「その人」だから得ることのできた
その人特有のものだからです。

 

夫が相続で得る財産は
結婚している、結婚していないに関係なく、
相続で得た夫の特有財産となるわけです。

 

同じく「贈与」についても同様の事が言えます。
夫が高価な絵画を夫の父から譲り受けた場合にもこれは特有財産となるでしょう。

 

しかし、贈与が現金であった場合は
その使用目的によって夫婦の共有財産と判断される場合もあります。
例えば、「孫のためにつかってほしい」と言っておじいちゃんおばあちゃんからもらったお金は
夫婦で受け取ったお金と言えるでしょう。
しかし、夫の趣味のゴルフセットを買うためにおじいちゃんが夫に直接渡したお金は特有財産となるでしょう。

 

また、マンション経営をしている夫の父から
相続または贈与でマンションをもらった場合夫の特有財産となりますが、
そのマンションの維持や、マンションを賃貸するための
事務作業等を妻が一人で担当していた場合は
妻が財産の維持に貢献したという判断になることもあるでしょう。

 

このように財産分与については
複雑な問題を紐解いて考えなければなりません。
現金であればキレイに2分の1にできますが
不動産や車は半分に切ってわけるわけにもいきません。

 

財産分与の考え方について悩んでいる方はご相談くださいね。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ