離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

前田敦子さんの発言に賛否両論。私はヤバい!?

昨日のホンマでっか!TVでの
前田敦子さんの発言にネットでは賛否両論が広がっているようです。

 

前田さんは小さなころから、
結んでいる髪の毛の高さが左右違うだけで癇癪をおこしてしまう子供だったそう。

 

結婚してからも、探し物をすると見つかるまで気になってしまい
夜中でも、寝ている勝地涼さんを起こしてまで探し物をするのだとか。

 

勝地さんのインスタが更新されていない事から
離婚なのではないか?と心配する声も上がっているそうです。

 

このような場合はまずパートナーがこのような状態になることを
結婚前から知っていたのか?そうでないのか?によって違うでしょう。

 

勝地さんも探し物が見つかってから、前田さんに
「そんなにパニックにならなくても大丈夫だよ。」と優しく声をかけるようです。

 

しかし、このような対応もずっと続くのかどうか?というところも結婚生活を続けるうえでポイントです。
判断基準としては、配偶者の生活に影響を及ぼしているかどうか!?というところでしょう。

 

寝ているところを起こされて、探し物に付き合うのも、
2-3ヵ月に1度くらいならまだ良いですが
2-3日に1度のペースでは、日中の仕事に影響がでてしまいます。

 

また、心に余裕のあるときであれば許容できることも
仕事が忙しくなったり、仕事が大変が時期に入ると許容できなくなる場合もあるでしょう。

 

他の症状があるのかどうかもポイントです。
問題の行動を除くと、妻としての行動は十分ならまだ良いですが
家事も育児もしない状況で夜中にまで起こされていてはたまったものではありません。

 

自分の行動や気持ちを自分でセーブできる状況であれば良いですが
もし、自分でセーブできずに悩んでいるようであれば
心療内科を受診してみることをおすすめ致します。
お薬である程度症状を抑えることができる場合もあります。

 

パートナーも1人の人間です。
配偶者だからといって何をしても許されるわけではありません。

 

1人で悩まないでくださいね。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ