離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

離婚の意思を伝える時には思いつきでしゃべらない

今日は、離婚を相手に伝えるとき、
どのような理由を伝えるべきか?について考えてみましょう。

 

離婚理由の第一位は「性格の不一致」です。
しかしながら、性格の不一致とは、広く使われる言葉で
実際にどのように性格の不一致があったのか?は
それぞれの夫婦によって異なります。

 

ここで考えたいのは
妻・夫のことを好きだという感情がなくなった。
愛情がなくなった。一生一緒にいる自信がなくなった。。。。

 

このような理由の場合は、配偶者に理由を伝えるときには
ある程度の配慮が必要になる。という事です。

 

離婚の話になる場合は、だいたいは徐々に離婚を意識しはじめ、
どちらかが「離婚したい」と切り出した時には
お互いに離婚の意思は固まっている。という事が多いでしょう。

 

しかし、離婚したくない。と片方が思っている場合は
なぜ離婚したいと思うのか?と質問されます。
その時に「あなたの事が嫌いになった」なんてストレートに言ってはいけません。
やはり、それなりの配慮が必要です。

 

場合によっては、ショックを受けた配偶者が逆上して、逆に離婚が長引いたり
慰謝料を請求してきたり。という事にもなりかねません。
だからと言って、オブラートに包みすぎるのも問題です。
「私といるとあなたは幸せになれない。そのために私は身を引くべきだ」
こんな事を言っても相手は全く離婚の理由に納得がいかないので
やり直そう。と言われ続け、離婚届にサインはしてくれないでしょう。

 

相手を必要以上に傷つけないように
かつ、しっかりと離婚の意思をわかってもらう
とても難易度が高いですが、それなりの配慮をもって話し合いをすべきです。

 

離婚協議は駆け引きです。
一つ言葉を間違えると、まとまる話もまとまらなくなります。
離婚届は相手が了承していない状況では提出することはできません。
慎重に、言葉を選びながら協議をすすめるべきです。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ