離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

夫が帰ってこないのはあなたの行動がホラーなのかもしれない・・・

夫婦の離婚理由の第一位
それは「性格の不一致」です。

 

これはとてつもなく広い言葉なので
実際の離婚理由はそれぞれの夫婦によって異なるでしょう。

 

しかし、私は夫婦ならば「性格の不一致」は当たり前のことと思います。

 

育ってきた環境が違うのですからそれは当然の事です。
「私の家の常識は隣の家の非常識」
というように、人間は誰でも生まれ育った環境や両親の育て方が
当たり前と思って育つものなのです。

 

よって夫婦の「性格の不一致」とは当たり前のことなのです。

 

まずこの大前提をもって考えると夫婦の関係が一歩前に進むでしょう。

 

「性格の一致」を求めてはいけません。

 

では、どこに焦点を当てるのか?というと
相手の良い部分を引きだすことに力を注ぎましょう。

 

相手に直してほしいところがあったとしても
それが長年しみついたものなら、直らないことが多いですし
もし、強制的に相手の習慣を変えるとすると
相手ににとてつもない負荷をかけることになるからです。

 

その点をふまえて考えると
あなたが配偶者にイライラするポイントはそんなに重要なことなのか?と
考えていきましょう。

 

人間はなぜイライラするのか?というと
・期待を裏切られる
・自分の思い通りにいかない
・心配で不安

 

このような気持ちがイライラを生み出しているのです。

 

夫が今日の帰宅時間を教えてくれなくてイライラする理由は
・早く帰ってきてくれるんじゃないかな?という期待を裏切られてイライラ
・夕食の準備をしても夫が外で食事をすますのでは?という自分の思い通りにいかない不満
・夫から連絡がこないので夫が何をしているのかわからず何かあったのでは????という心配と不安

 

このような理由でイライラしているのではないですか?
もし、そうならあなたはとても損をしています。

 

すべて逆にプラスに考えていくとイライラなんてしません。
・夫の帰宅有無にかかわらず夕食を作る・食べる時間は固定して動かさない
・夫が食べないなら明日のお弁当にしたりすればよい
このように夫の動きに囚われずに自分のペースで自分の都合に合わせて
決めていけばイライラすることは全くありません。

 

あなたがイライラしないと夫は家に帰ってくるのが嫌になりませんし
仕事で残業になったり飲み会になってもストレスに感じることはありません。

 

あなたがイライラすると夫は「残業」と言っただけで怒られると思い
連絡はもっとしなくなり、家に帰ると怒られるので家に帰るのも嫌になります。
こうなってくると不倫が始まってもおかしくありません。

 

残業して家に帰ると
夕食を食べていない妻が 鬼のような形相で
完成した夕食とともに食卓テーブルに座って自分を待っている・・・・
考えるだけでホラーです。
怖いです。
一緒に夕飯食べたくないです。

 

どうでしょうか?
自分のとっている行動を「正しい」と思ってはいけません。
常に相手が快適に生活できるように考えるのが夫婦の愛のカタチなのではないでしょうか。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ