離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

離婚を選択すべき命にかかわる状況とは

今日は私が個人的に離婚をしたほうがよい
と思う状況についてお話します。

 

離婚をしない方向で夫婦が納得し
夫婦仲が良くなればそれが一番良いにきまっています。

 

夫婦仲を良くしたい。離婚をしたくない。
そう思ったら、辛抱は必要なシーンがでてきます。

 

しかし、我慢をしてはいけないパターンは下記です。
■DV(配偶者へのDVはもちろん、子供を虐待する)
■重度のモラハラ(死ね、ゴミ、等人格を否定するもの)
■経済的DV(食費や生活費をもらえず、食べるのも困難)
■軟禁(家から外にださない、携帯も持たせたい等)

 

上記のような状況は我慢とかそういったレベルではありません。
早急に専門機関に助けを求めるべき内容です。

 

相手の人格が今日や明日で変わるものでもありません。

 

札幌市のDV相談窓口はこちらです。
http://www.city.sapporo.jp/shimin/danjo/boryoku/sodan/documents/haiguusya.pdf

 

また、相談を受けている人が上記に該当する場合でも同様です。
上記のような状況は命にかかわる問題です。

 

離婚を考えるより前に、まずは自分の命を守るための行動をしましょう。

 

上記のような状況になっていると、本人の感覚はだんだんマヒしてきます。
千葉・野田市の心愛さんの虐待死事件でも
母親は夫からDVを受けており、正常な思考ができなくなっていた状態です。

 

このような状況になる前にも、「あれ?」と思ったらすぐに助けを求める事。
周囲でおかしな状況に気づいた場合も同様に専門機関に相談することが大切です。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ