離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

夫の残業を責めてはいけない理由はそこから不倫がはじまるから

今日は、夫が残業で帰宅が遅くなっても
妻は文句を言ってはいけない。というお話です。

 

特に子供が小さいと、夫には仕事から早く帰宅してもらい
家事や育児を手伝ってほしいと思いますよね。

 

でなければいわゆる「ワンオペ育児」になってしまいます。

 

夫に早く帰宅してもらうためにも
今日は残業でえりが遅くなりそうだ・・・・
と連絡があった時には、是非、夫を労わる言葉をかけてあげてください。
NG行動は
「今日も残業なの!?」
「あなたの会社はいったいどうなっているの!?」
「たまには早く帰ってきて子供のお風呂くらいいれてよね!!」

 

このように、夫の残業を責め立てるような返信は絶対にしてはいけません。

 

なぜかというと、夫は残業をしたくてしているわけではないからです。
早く家に帰りたくても、どうしても仕事が終わらない。
それなのに妻からは責められる・・・・
そうすると夫は行き場所をなくしてしまいます。

 

また、仕事に対してやる気があって残業している場合は
家族のためにがんばって仕事をしているのに
それも理解してくれないのか・・・・・ と思うことでしょう。

 

残業に対して妻が嫌悪感を示すことのデメリットとして
不倫に発展する可能性が高い
という事があります。

 

したくもない残業をがんばって、妻には怒られて、
家に帰ると妻にはもっと怒られる。
会社にいたくもないけれど、怒った妻の待つ家にも帰りたくない・・・・・

 

こんな状況で、残業をヘルプしてくれている
会社の同僚に優しい言葉をかけられて、心が動くのは自然な事です。

 

こうして社内不倫がはじまるわけです。

 

ですので、夫の残業には「遅くまで家族のためにがんばってくれてありがとう!!!」
と労いの言葉と感謝を伝えるべきなのです。

 

仕事で疲れて帰宅して、ほっと一休みしたいところに
妻からネチネチ、グチグチ言われると
本当なら許容できる範囲の事が許容できなくなり
大きな夫婦喧嘩になることだってあるのです。

 

これは共働きでも同じです。
夫が帰ってきたいと思える家庭。
夫が家にいてほっと安心できる家庭。
そんな家庭をつくっていれば夫は浮気をすることはないでしょう。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ