離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

MALIA.さんの4度目の離婚にみる夫婦がすれ違う理由とは

今日は芸能ニュースより
4月にびっくり4度目の離婚をしたMALIA.さんが
5月9日から10日にかけ、インスタグラムのストーリー機能で
ファンから寄せられた質問に回答した際の発言が、物議を醸しているようです。

 

4度の離婚で1人の夫を除く4人の子を授かり、
4人の親権はすべてMALIA.さんとの事。
どんな発言が物議を醸しているのかというと
〈離婚するつもりで結婚する人はいないし、幸せになるつもりで結婚したんだから、辛くない訳がない〉
〈それでも結果そうなったらそれは仕方がない結果で学びの時間だった。と、考えています〉
との発言にネット上ではこの『学びの時間』という物言いが反発を買ったようで、
《なにも学んでないから繰り返すんだろ》
《きれいに言えば恋愛体質、はっきり言えば貞操観念のない女》
《子供たちの未来を考えているのか》
大ブーイングが起きてしまったようです。

 

確かに4人の夫とはそれぞれ、3年、4年、3年、2年と短期間での離婚を繰り返している状況は
相手の事をよくわからない状態で結婚して、夫婦関係修復の努力をせずに離婚しているかのように
受け取る方がいても仕方がないのかもしれません。

 

また、一般人とは違い、MALIA.さんともなると、
その美貌から、お付き合いをする相手には困らないでしょうし、
女手一つで4人の子供をシングルマザーで育てる資力もあるでしょうし。
一般人と比較するのは少し検討違いかもしれませんね。

 

結婚生活の中では1年、2年があっという間に過ぎてゆき、
相手の行動や考え方の予想がつくようになってきたかなーと思った時には
3年くらいはあっという間に経っているのではないでしょうか。
子供が産まれていれば、育児に家事に忙しくなり
あっという間のペースもものすごく早くなるのではないでしょうか。

 

女性にとって、出産⇒育児はとても大変な事です。
でもその期間の離婚を早まらないでほしいな。と私は個人的に思っています。

 

女性は妊娠中、育児中はホルモンのバランスも変わり
男性からしてみると、今までの奥さんと全く違う別人のような感覚になる事もあるでしょう。
小さな事でイライラして、夫に八つ当たりしたりすることもあるでしょうし
夫のささいな言動や行動に対してもイライラを繰り返すでしょう。

 

しかし、そんな育児が大変な期間もずっとずっと続くわけではありません。
子供はぐんぐん成長していきます。
2歳をすぎると言葉でコミュニケーションができるようになり意思疎通もだいぶスムーズになります。
3歳をすぎると自分の事は自分でできるようになってきます。
子供が育っていくくに伴って、お母さんも自分の時間が作れるようになってきます。

 

育児と家事に追われ、自分の時間なんて一切ない。
そんな状況で旦那様に見切りをつけるのは早いのかもしれません。
ご主人も毎日イライラしているあなたの対応方法がわからなくて困っているのかもしれません。

 

もし育児中でイライラしたら、このままずーーーーっとその状況が続くわけではない。
と考えてみてはいかかでしょうか?

 

私も3人子供がいますが、
3人目ともなると、逆にこの手のかかるかわいい時期もあっという間。
トイレにもどこにもママを追いかけてきて世界で一番ママを必要としてくれている時期も
ほんの少しの期間。
そう思うと育児がぐっと楽しくなりますよ。

 

一人で悩まないでくださいね!!
誰かに相談することで必ず楽になりますから照れ

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ