離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

借金は財産分与の対象になるのか?

さて、今日は離婚の際に配偶者に借金があった場合はどうなるのか?
について考えてみましょう。

 

例)
・夫婦の共有財産として夫名義で所有している土地と建物がある。
・住宅ローンの残債務は2500万円
・土地と建物を売却すると3500万円になる見込み
・夫名義がクレジットカードでキャッシングして作った借金が200万円ある

 

上記のような場合は、土地と建物を売却した3500万円で
まずは住宅ローンの残債務の2500万円を完済します。

 

と、ここまではよいのですが、問題はここから先です。

 

残った1000万円から夫が作ったカードローンの支払いに
まずは200万円を支払います。

 

残った800万円を夫婦で2分の1で分与する。

 

ということになります。

 

妻としては夫が使ったお金なのだから、納得がいかないところもあるでしょう。
もし、夫が作った借金が競馬やパチンコ、自分だけの趣味に使ったお金なのであれば
夫婦二人で作った借金ではありませんので
妻は1000万円の2分の1である500万円の分与を求めても認めらる場合もあるでしょう。

 

実際には離婚の原因や養育費、慰謝料、その他の財産の有無にもよると思いますので
二人で協議して双方の納得のいく条件で決めれるとよいのですが
決まらなければ、調停、場合によっては弁護士さんへ依頼をすると良いでしょう。

 

さて、問題は土地・建物を売却して得た利益よりも
借金が多かった場合はどうするのか?という事です。
こちらは裁判例では、夫婦の共有財産よりも負債の方が多い場合は
借金をしている名義人が離婚後も借金を支払うことになっている場合が多いようです。

 

しかしながら、夫が生活費を入れてくれないので
妻が自分のクレジットカードを使って借金が増える場合もあるでしょう。
そういった場合は事情が異なりますので
その事情を考慮した交渉をすすめることになります。

 

とはいえ、配偶者が借金をしている場合は
借金の状態が悪化する前になんらかの手を打つべきですね。

 

不動産も今は高騰していますので住宅ローンを完済してもなお
利益がでますが、数年後にはオーバーローンになって売れなくなる可能性もあります。

 

もし、金銭的な問題で離婚を考えている方は
まずは自宅を査定にだして売却金額を見積してもらうことをおすすめ致します。

 

気付いた時にはもうオーバーローンで売却できなくなっていた・・・・・
そうなってしまっては離婚をしたくてもできない状況に陥ってしまう可能性もあります。

 

悩んでいる方は是非一度無料相談をご利用くださいね。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ