離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

夫婦仲が良いのに離婚する!?ビリギャル小林さんが批判される理由

先日報告されたビリギャル・小林さやかさんの「手を繋ぎながら離婚届提出」の報告に

共感できないとうブーイングが殺到しているようです。

手をつないで離婚届を提出する”という前例のない離婚劇に、ネット上では

「え、何言ってるのか分からない」「その考え方が理解不能です」

「そんなに円満な離婚だったら、もっと早く報告すればよかったのに」

「心にもない言葉を並べて、プライドが高いだけでは?」

と、その心理が全く理解できなかったという声が相次いでいるとの事。

 

実際のところは

夫婦としての関係はうまくいかなかったから離婚をしたわけで、

「彼のことは今も大好きです。ずっと死ぬまで大切な人です」

と小林さんのコメントにありますが、

元ご主人様も仮に同じように小林さんに対して思っていたのであれば

どうして離婚をしたのだろうか??????????

ともなりますね。

 

昨年末に檀れいさんと及川光博さんが離婚しましたが

一部の報道では、夫婦の仲はとても良かったけれど

お互いに役者としての生活がハードすぎて

夫婦での生活をすることができなくなった。とあります。

 

確かに夫婦になるということは

特に妻が仕事をセーブして夫を支えていかなければなりません。

檀さんと及川さん夫婦の離婚真相はお二人にしかわかりませんが

お互いに俳優という特殊な職業柄

「妻」「夫」が中途半端になってしまうことが離婚原因になった。と仮定するならば

お互いにお互いの事を想って、俳優としての相手の事を尊敬し尊重し

離婚に至った。という経緯は理解できる事ですね。

 

その夫婦がどうして離婚をしたのか?

については正直なところ当人同士にしかわかりません。

場合によってはどうして離婚したのか

本人でもよくわかっていない事もあります。

 

夫婦の関係は千差万別です。

離婚理由もそれぞれあります。

 

それゆえに、大勢の人の共感を得ようとするのは難しい事ですね。

 

お客様からは

「こんな理由で離婚をするのはおかしいですか?」

「私がもっと我慢をすれば良いのでしょうか?」

というご相談も多くあります。

 

それだけ離婚はデリケートな問題です。

 

養育費や婚姻費用は算定表で基準がありますが

離婚をするかしないかは

あなたの心のものさしが決めることなのだと私は思います。

その基準を他人がとやかく言うものではありませんし

また他人に共感を求めるものでもありません。

 

1人で悩まないでくださいね。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ