離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

子供に離婚をどう伝えたら良いのか

今日は離婚を子供にどのように伝えるか?について考えてみたいと思います。

 

この問題は非常に難しく、
かつデリケートな問題です。

 

まず、1つめに子供の年齢や精神状態を考慮する必要があります。
子供が両親の不仲や離婚という状況に耐えられる年齢かどうかがポイントになります。

 

次に、離婚前の両親の状況も考慮する必要があります。
もう既に別居をしており、別居期間も長い場合は
突然パパorママと離れなければならない状況になるわけではないですし
年長さん~小学校1・2年生でも両親が不仲だと気付いている子もいますので
不仲に気付いている子に離婚を隠すと両親は本当の事を教えてくれない・・・・
となってしまう可能性もあります。

 

逆に両親の不仲に全く気付いていなかったり
両親が別居前で離婚と同時に別居になる場合は
急にパパとママが離れてくらすことになり、そして引っ越しや
場合によっては転校や転園が伴う場合は
それだけで子供にかかるストレスは大きいですので
ある程度の年齢にならなければ環境の変化と離婚を同時に受けとめるには
難しいのではないのかと思います。

 

母親と一緒に暮らす事になる場合は
子供が父親ととても良好な関係であった場合も
受けとめることが難しい場合もありますね。

 

しかし、子供に「パパとママは仲良しだけどお仕事の都合で
一緒に住めなくなった」等の明らかに現実とは異なることを告げるのは
避けたほうが良いのかもしれません。
状況が理解できるようになった時には
「両親は自分に嘘をついていた」と大きな傷を受けたり
子供が成人して自分の子を持った時に
「重大な事は子供に伝えるべきではない」という偏った思考になる可能性もあるからです。

 

嘘をつかずに、事実をお子さんの様子を観察しながら
徐々に伝えていくのも1つの方法かもしれませんね。

 

離婚を考えはじめたら、お子さんの様子をしっかりと観察したり
話ができる年齢であれば離婚を考えている事や夫婦の関係がうまくいっていない事などを
前もってお子さんに相談するのも方法と思います。

 

何が正解というものはありません。
家族の関係・家族のカタチは千差万別です。
しかし、お子さんとしっかりと向き合うという姿勢が大切なのではないでしょうか。

 

一人で悩まないでくださいね。

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ