離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

離婚時に養育費をいらないと約束しましたがやっぱり養育費を請求することはできますか?

今日は離婚時に養育費について取り決めをしなかった場合に
養育費を請求できるのか?について考えてみたいと思います。

 

離婚時に養育費はいりません。と口頭で約束したり、
元夫がうつ病等で働くことができていない状況のため
働けるようになったら支払いをします。等を口頭で約束する場合があるでしょう。

 

結論からお話しますと
離婚する時に「養育費はいらない」と言って約束したとしても
後に養育費を請求することは可能です。

 

しかしながら、養育費を請求したときから遡って
過去の養育費についても請求できるのか?という事に関しては
家庭裁判所の審判例でもなかなか認められる事は少ないようです。

 

それでは離婚後に養育費が必要となった場合に
どのようにしたらよいのか?ですが、
まずは元夫に養育費が必要になった理由を話して
月々にどの程度であれば支払ってもうらう事ができるのかを話し合いましょう。

 

話し合いの際には家庭裁判所からでている養育費算定表を基にして
話し合いをするとスムーズでしょう。

 

話し合いで合意できなければ家庭裁判所に養育費請求を求める調停を申し立てましょう。
離婚してから年月が経過していると元夫も新しい生活を始めており、
場合によっては再婚している事もあるでしょう。
今まで支払っていなかった養育費を急に支払えと言われても
二つ返事では難しいところもあると思いますので
調停でしっかりと決まれば支払う。という気持ちの場合も多いのではないでしょうか。

 

二人での話し合いですと、これが一般的なのかどうなのか?ということがわからずに
お互いに納得できないという事もありますので
調停を利用することでお互いに納得のいく結果になるのであればそれが良いのかもしれませんね。

 

離婚する時には勢いや、早く離婚したいという気持ちが先行して
養育費についてきちんと取り決めをせずに離婚するという事もあります。

 

しかしながら、子供を育てていくうえで
進学費用等、大きな出費もありますので、しっかりと取り決めて離婚をしたほうが良いですね。

 

養育費や進学費用については公正証書で取り決めをすることをおすすめ致します。

 

一人で悩まないでくださいね。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ