離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

長子&末っ子夫婦が一番相性の良くない組み合わせ

数年前のテレビネタで面白いものをみつけました。

 

夫婦で相性の良い生まれ順は

 

長子&長子
中間子&中間子
末っ子&末っ子
一人っ子&一人っ子

 

つまり、同じ生まれ順どうしの夫婦
生まれ育った環境が似ているので
物事に対する価値観が似ているため相性が良いのだそう。

 

確かに、私は離婚相談を受ける際には
ご夫婦の家族構成もなるべく伺うようにしています。

 

夫婦といえども育ってきた環境が違います。
我が家の常識、他人の家の非常識
とはよく言ったもので、育ってきた環境で生まれた価値観が
夫婦となると溝を深める差になってきたりすることはよくあることです。

 

同じ生まれ順の夫婦の相性が良いのなら
相性が悪い夫婦はズバリ
長子&末っ子
だそうです。

 

妻が長子、夫が末っ子の場合は
カップルの時は甘えん坊で母性本能くすぐる末っ子男子に
面倒見の良い長子女子がリードしてラブラブな関係を築けるようですが
夫婦になって子供が産まれると
何でもきちんと決めて率先して実行する長子妻に対して
子供ではなく自分中心で物事をすすめて、子供の事も自分で意思をもたない末っ子夫に
長子妻がイライラしてケンカになってしまうそう。

 

お付き合いをしていたときはラブラブでも
結婚して子供が産まれると関係が変わってしまう夫婦は
子供中心の生活に変化することによって
相手へ求めることが変わっていくのが原因なのかもしれません。

 

この相性があまりよくない組み合わせの対策は
相手に対して「そういうものだ」と割り切るしかないのだそう。

 

兄妹の一番上で下の子の面倒を見ながら両親のお手伝いをして育ってきた長子と
末っ子で生まれて何でも自分中心で家族が動いてきた末っ子では
そもそもの環境も価値観も違って当然。ということです。

 

いかがでしょうか
夫婦とは異なる家庭で育った価値観も環境も異なる二人が
一つ屋根の下で暮らしているということを見つめて
「言わなくてもこのくらいわかるでしょ!?」
「夫なら、妻ならこれくらいするのは当然」
こういった自分の価値観を相手に押し付けないようにすることが
夫婦円満の秘訣なのかもしれませんね。

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ