離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

妻が金銭的理由で離婚に応じてくれない場合

今日は妻が離婚に応じてくれないケースについて考えてみましょう。

 

夫の年収が高い場合、
夫に対する愛情はゼロでも、夫のお金を捨てきれずに
頑として離婚には応じない妻が存在するのも事実です。

 

既に何年も別居をしており、婚姻費用を夫からもらいながら
自分が住んでいる家のローンは夫に全額負担をしてもらい
悠々自適な生活をしているような状況で
離婚に全く応じてくれず、夫が精神的にも金銭的にも限界に達しているという
状況もあるのです。

 

夫の年収が800万円、妻がパートで年収100万円
子供は既に独立している場合
夫から妻に支払う婚姻費用は10万円程度となります。

 

妻からするとパートの収入と夫からの婚姻費用で
住居費と光熱費がかからず
子供も既に独立しているのであれば金銭的には十分に余裕のある生活が可能です。

 

妻の年齢が50代の場合は
ずっと専業主婦やパートだった妻が離婚をして
突然フルタイムで働くというのは体力的にも厳しいですし
年齢的にも正社員での登用は難しくなるため
妻としては生活をしていくためには夫との離婚は選択しないという状況です。

 

しかしながら夫としては
別居しており、お互いに愛情のない状況にもかかわらず
ただただ金銭の負担をし続け、戸籍上も婚姻状態にあるというのは
非常につらい状況なのです。

 

このような状況では妻は離婚協議に一切応じない事が多いので
調停を申し立てる必要があります。
また、調停が不調となり裁判になった時に備えて準備が必要です。

 

離婚裁判を見据えた時には「証拠」がすべてとなりますので
婚姻関係が破綻しているという証拠を集めることが大切です。

 

メールやLINEでのやり取りで
お互いに愛情がないことを認めている文章や
夫に対して暴言や罵声の文章や録音があると良いと思います。
また、別居中で何年も顔をあわせていない状況等、
別居中のお互いの様子も詳細を時系列でまとめておいても良いでしょう。

 

妻が離婚に同意するには
財産分与がポイントとなります。

 

不動産があるのであれば今なら高く売れますので
売却して残ったまとまった現金を財産分与で妻に渡すことも可能となります。

 

ある程度のまとまったお金の財産分与提示があれば
妻も納得する可能性が高くなるでしょう。

 

婚姻期間が長ければ年金分割もポイントとなりますし
夫の退職が近ければ退職金の分与提示もできるでしょう。

 

一人で悩まずにまずは相談の一歩から
はじめてみてはいかがでしょうか。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ