離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

夫の不倫相手に連絡をとる事のリスクを考える

今日は夫の不倫相手に連絡をすべきか?
について考えてみましょう。

 

見るつもりがなかったけれど
夫のスマホの待ち受けに明らかに不倫内容のメールorLINEが見えた。。。
スマホは待ち受け画面が見えますので
このような事もあるでしょう。

 

中にはそのまま夫の携帯から
不倫相手に「妻です。もう夫には会わないでください。訴えますよ」等という
返信をした。という方もいらっしゃるでしょう。

 

まず、このような不倫相手へのアクションは
衝動的にはすべきではないでしょう。

 

なぜなら、夫の不倫を受けとめて
離婚するのか、しないのか?を考えるべきだからです。

 

離婚をしないのであれば
あなたが夫の携帯を操作して勝手に不倫相手へアクションしたことにより
夫が逆ギレし、激昂。夫婦の関係が修復できない程に壊れる可能性があります。
また、激昂した夫は家を飛び出し、そのまま不倫相手の家へ行き
別居生活が突然始まるかもしれません。

 

離婚をするのであれば
あなたが衝動的に不倫相手にアクションをおこしたことで
慰謝料請求に必要な決定的な不貞行為の証拠がとれなくなる可能性があります。

 

このように衝動的に行動をおこすことは大きなリスクを伴います。

 

この行動で成功するパターンは
夫⇒離婚をする気は全くない。ちょっとした出来心や遊びで浮気をした
不倫相手⇒不倫のリスクを承知の上でいけない事をしていると思いながらの不倫
あなたの行動によって
夫⇒やばい!!ごめんなさい!!不倫相手とはもう二度と会わないから許して!!離婚はしないで!!
不倫相手⇒どうしよう!奥さんにバレた!!慰謝料請求されたら困るしもう連絡をとるのはやめよう。。。

 

↑こんなドラマみたいなミラクルパターンはそうそうあるものではありません。
それよりも上述したリスクの方が高いことは明らかです。

 

結論から言いますと
夫の不倫が発覚したら まずは冷静になり再構築か離婚かを考える事 です。
すぐに結論をださなくてもよいのです。
あなたの中で納得いくまでよく考えることができれば良いのです。
そのためには選択支を増やしておき、あなたがどうしたいのかを選ぶ立場になる為に
衝動的に感情にまかせた行動は避けるべきです。

 

1人で悩まないでくださいね。
無料相談から是非ご利用ください。
お話をするうちにあなたの本当の気持ちが見えてきますよ。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ