離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

隠し財産を見つけるには?財産隠しの手順はこれだ!

今日は財産分与に関するお話です。

 

別居期間が長くなると
財産分与で揉めることが多くなりま・す。

 

別居後にもしお財布が別々になった場合は
共有財産とはなりませんので
基本的に別居前の財産について財産分与をすることになります。

 

しかしながら預貯金の口座が1つしかない場合は
どこからどこまでが何のお金なのか?
入出金の記録だけではなかなか判別しにくいものがあります。

 

また、別居前の共有財産について
別居後すぐに夫または妻が財産隠しをしてしまうこともあります。

 

財産隠しの手順は次のようなものがあります。

 

①両親等、自分以外の名義の口座に預貯金を移動させる
⇒実家の両親や兄妹に使っていない口座を借りて
預貯金を移動させるという方法です。
大金を移動させた後に配偶者も知っているメインバンクの残高を開示して
「お金は使ってしまった」と主張する場合があります。

 

②縁もゆかりもない土地の地方銀行やネットバンクに口座を開設する
⇒都道府県が異なる土地の地方銀行や
ネットバンクに口座を開設した場合もなかなか口座を特定するのが困難な状況になります。

 

③金等の換金性の高いものに替える
⇒現金ではなく金等の換金性の高いものに替えて物を隠すという方法もあります。

 

実際に財産を隠されてしまうと
探偵や弁護士に頼んでもなかなか特定することは困難な状況になります。

 

財産を隠されないようにするためには
夫婦の関係が悪くなる前からお互いの口座や資産を開示しておく
またはすぐにわかる状況にしておくことが大切です。

 

もし夫婦関係が悪くなってから対策をするのであれば
配偶者宛の郵便物に気を配っておくと良いでしょう。
ネットバンクや地方銀行の口座開設でも
インターネットだけで完結することはなく
何かしらの郵便物の受け取りが必要となります。

 

相手の財産隠しの可能性が考えられる場合は
突発的に別居をすることはまず避けたほうが良いでしょう。

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ