離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

離婚調停のメリットとデメリット~衝動的な申し立ては避けるべき

今日は離婚調停を申し立てるタイミングについて考えてみましょう。

 

夫婦二人の話し合いで離婚条件に合意し
公正証書を作成して離婚届を提出する
このように協議離婚で済むのであれば良いですが
二人の間で離婚条件について合意できなかったり
どちらかが離婚したくないという状況では協議離婚は難しいですね。

 

協議が整わない場合は、日本ではいきなり離婚裁判を行うことができませんので
離婚調停を申し立てることになります。

 

離婚調停を申し立てると月に1回程度のペースで
調停がおこなわれます。

 

基本的に調停は調停員さんが双方の主張を聞いて
間をとるような形で納得させることが多いようです。

 

では離婚調停をおこなうメリットとデメリットについて考えてみましょう。

 

メリット
①メールやLINE、電話でやり取りをしなくて良い
⇒もう話もまともにできないほどに二人の関係が悪化している場合は
直接話をしなくて良くなりますので最大のメリットでしょう。

 

②調停で決定する事により納得感が増す
⇒夫婦二人の間で話し合うと何が普通でこの条件は良いのか悪いのか?
という疑問が湧いてきます。調停員という第三者を介することで
納得感と公平感がでてきます。

 

③取り決めた内容が調停調書という書面によって残されるので
強制執行の効力を得る事ができる。
⇒養育費や慰謝料等の金銭面での取り決めは強制執行ができるようになります。

 

デメリット
①調停を申し立てられた側が気分を害し、離婚条件を吊り上げる
⇒離婚調停を申し立てられて気分を良くする人はいません。
場合によっては調停になった事に腹を立て、
話し合いをしていた時よりも条件を吊り上げてきたり
自分の主張を譲らないようになることもあります。

 

②時間がかかりメンタルに不調をきたす
⇒月に1度のペースで調停がおこなわれるので
順調に進んだとしても3~6ヵ月程度の時間がかかります。
次回は相手方がどのような主張をしてくるか?と考えるとストレスがたまり
そのストレスが長期間に及ぶと精神的にかなりキツイ状況になります。

 

③平日の昼間に行われるので仕事を休む必要がある

 

さて、いかがでしょうか?
離婚調停を申し立てる場合はメリットとデメリットがあります。
協議で離婚が整わない原因をしっかりと考えて申し立てなければ
結局のところ調停になっても話し合いにならなかったり
相手の気分を害してしまうと調停を欠席するという事もあります。

 

調停が不調になるともう離婚裁判にすすむしか
離婚をする道はありません。

 

裁判となると弁護士費用がかかりますし
もちろん時間もかかります。

 

衝動的な気持ちで調停を申し立てずに
調停になった場合のデメリットもしっかりと考えた上で申し立てを検討しましょう。

 


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ