離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

離婚後も同居するのはダメでしょうか?気をつけるポイントは?

今日は離婚したいけれど別居はまだできない場合について考えてみましょう。

 

夫婦の間で離婚については同意した。
気持ちの整理もしたいから離婚届は早く提出したい。
だけど別居するには引っ越しをしなければいけないし
子供も転校しなければならないし・・・・・

 

このように悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

年明けからはお子さんの入学や進級に合わせて
3月までには離婚をしたい。
けれど別居のタイミングは春休みにしたい。
離婚届を提出した後に同居をしている期間があっても問題ないの?
と悩んでしまいますね。

 

結論から言いますと、離婚届を提出した後に
同居をしている期間があっても問題はありません。

 

気をつけたい事は戸籍上は別々になっていても
住民票はまだ一緒の状態にありますので
役所によっては児童手当や生活保護の申請を
受付してくれない事もあります。

 

上記のような諸手当の手続きでは
面倒な事が起きることが多々予測されますので
このような手続きは別居して住民票も戸籍も
完全に別になってから手続きをするとスムーズでしょう。

 

また、離婚届提出後は夫の扶養に入っている妻は
夫の扶養から抜けなくてはなりません。
同居していても離婚届を提出した後は夫の扶養に入り続けることはできません。
妻も働いている場合はフルタイムにシフトを増やして
会社の社会保険に加入するか
国民健康保険に加入しましょう。

 

そして離婚届提出後は夫婦の扶養義務がなくなりますので
夫から妻へ生活費を渡す必要はありません。
金銭面で不安がある場合は
公正証書で離婚届提出後の同居期間の生活費についても
しっかりと取り決めをしておくことをおすすめ致します。

 

すべてを一遍に手続きできればベストですが
夫婦のスタイルや事情によってはなかなか同時に手続きが
できない場合もありますね。

 

不安に思っている方は是非無料相談からご利用ください。

 


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ