離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

不倫夫の思考からみる夫への対応方法は

夫が不倫をした場合
夫のタイプによって大きく2種類の不倫に分かれます。
どちらのタイプかによって対応方法は大きく違います。
ではタイプ別に確認してみましょう。

 

①仕事も育児も家事もこなす器用なパーフェクトパパの場合
⇒家での態度は何も変わらずに不倫をしていても優しい時は
不倫は遊びの可能性が高いでしょう。
仕事ができる要領の良い器用なパパはその要領の良さで
不倫もパーフェクトにこなします。
もしあなたに離婚の意思がなければ
見て見ぬふりをするか、「あなたが離婚していたら確実に離婚する」と
笑顔でさらりと言ってみる等、日々の夫婦の時間の中で
それとなくプレッシャーをかけていくと良いでしょう。

 

逆にこのタイプのパパと離婚を考える場合は
要領の良さと器用さで完璧に不倫の証拠を残さないようにしています。
離婚の話をだす前に必ず確実な不倫の証拠を押さえておかないと
しらを切りとおされるかもしれません。

 

②不倫なんて器用にできない。不倫をしてから家での態度が激変パパ
⇒このタイプの男性は妻と離婚をする・しないではなく
不倫と家庭での生活をきっちり分けることができません。
不倫相手との出来事をそのままズルズル家に持って帰ってきて
家でもどうしたら良いかわからなくなっている状態です。
このタイプの夫に不倫を追求するとその時点でキャパオーバーとなり
妻への対応が嫌になり結果として夫から離婚を切り出されるという事になります。

 

不倫できるほど器用でない⇒なのに不倫をしてしまった⇒不倫相手と妻と二人の対応なんてできるキャパはない
⇒妻から不倫についてギャーギャー言われた⇒そうだ!!こんな妻だから嫌になって俺は不倫をしたんだ!
⇒だから俺は悪くない⇒俺の不倫の原因は妻だ!⇒不倫する前に夫婦関係は既に破たんしていたんだ!!
⇒離婚するしかない
こんな思考状態になります。

 

このタイプの夫と離婚するのであれば
やはりこちらも証拠をきちんと手に入れましょう。
何より大切で絶対にしてはいけない事は「感情的に話をする」事です。
逆切れして話にならなかったり、家から出て行って音信不通になると厄介です。

 

今すぐに離婚をしない場合は不倫については追及してはいけません。
夫が家を「居心地が良い」と思えるような環境を早急に整えましょう。
不倫相手がちょっとワガママになったり不倫相手とケンカになったりすると
不倫相手の事がすぐに嫌になって家に戻ってきます。
帰りたいと思える家を作っていればこのタイプの夫は不倫女のボロがでたらすぐに帰ってきます。

 

いかがでしょうか
離婚の話をするのは交渉テクニックが必要です。
交渉事で大切なのは「感情的にならない事」です。
夫の不倫が発覚したら
まずは冷静になることが第一の対応です。

 

1人で悩まないでくださいね!!

 


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ