離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

死がふたりを分かつまであなたはパートナーと一緒にいることができますか?

明けましておめでとうございます門松
本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

悩みをお持ちの方にとって
本年2019年は笑顔が溢れる年になることをお祈りしております照れ

 

新しい年を迎えて、心機一転、気持ちも新たに
離婚と今後の人生について考えを深くされる方も多いと思います。

 

昨年末にかけて
「この人と残りの人生一生一緒にいると考えると・・・・・・」
というお問い合わせが多かったような印象があります。

 

まだ子供が小さいうちは子供の成長を考えて
子供の事を一番に思って日々の生活に一生懸命ですが
お子さんがだんだん大きくなって手が離れてくると
何のためにこの人と一緒にいるのか・・・と考えたり、
老後について漠然とした不安が襲ってくる。という方もいらしゃると思います。

 

年末年始もメディア露出が多かった
元貴乃花親方は46歳、河野景子さんは54歳での離婚です。

 

人生80年と考えると50歳からの残りの人生も
まだまだ30年あります。
私の仲良くさせていただいているFPさんは
お客様のライフプランニングは90歳まで考えているそうです。

 

こうしたことからも45歳を過ぎて「残りの人生」について
しっかりとプランニングしたうえで離婚を選択するのか?結婚生活を継続していくのか?
結論をだしてゆく必要があります。

 

離婚とお金のお話は切っても切り離せない問題です。
離婚後90歳まで生きるとして、どのように生計を維持していくかは大切なポイントです。
また、退職後はどのように生きていくのか?についても
ノープランでは生き難い世の中になっていると思います。
仕事や趣味も含めて今一度90歳まで生きることを前提に
人生設計をしてみてはいかがでしょうか?

 

私は離婚を迷っている方に次のような質問をします。
「今のパートナーと一生一緒に生きていく覚悟がありますか?」
「パートナーが要介護状態になったらオムツを替えてあげますか?」
「定年後にパートナーと二人でどのような生活をしますか?」

 

以下は結婚式の誓いの言葉です
幸せな時も、困難な時も、富める時も、貧しき時も、病める時も、健やかなる時も、
死がふたりを分かつまで愛し、慈しみ、貞節を守ることをここに誓います

 

結婚とは
どちらかが死ぬまで添い遂げるということです。

 

それができないのであれば
残りの人生90歳までのライフプランを見直して
離婚を選択したときの人生を新たに立て直すことが必要です。

 

一人で悩まないでくださいね。
夫婦の問題は夫婦それぞれにポイントがあり、内容は多種多様です。
今のお二人の状態を分析して
離婚に向けてどのくらい時間をかけてどのようにすすんでいくのか
アドバイスをさせていただきますね。


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ