離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

私がシングルマザーで大変だったこと

2018-11-25 21:15:59
テーマ:私のシングルマザー時代

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

先日、お客様に
シングルマザーで大変だったことは何ですか?と聞かれました。

 

ふと考えるとたくさんありますが
思いついたものを紹介したいと思います。

 

①子供が家の鍵をなくして家に入れなかった
⇒息子と二人暮らしで大変だったのはこれです。
  息子には首から下げるストラップに携帯電話と家の鍵をつけて
  持たせていたのですが、鍵を家に忘れて学校に行くと(私の方が朝家を出るのが早かった)
  私よりも先に家につく息子が家に入れません。
  仕事から帰って家につくと玄関前で息子がしょんぼりして待っていたことがありました。

 

②残業ができない
⇒小学校低学年の時は学童保育が18時までなので
  もちろん残業ができません。
  保育園は夜間保育を利用していましたので20時まで預けることができますが
  これがいわゆる「小学校1年生の壁」というものです。

 

③温泉に二人で行けない
⇒息子も小学校に入ると女湯に入るのが恥ずかしくなるので
  一緒に女湯には入れません。かといって息子を1人で男湯に入れることもまだできません。
  温泉好きの私はこれがなかなか困りました。

 

④面会交流なし、祖父母が近くにいないと息子の行き場所がない
⇒私に怒られたりすると、二人きりの場合は他に行き場所がありません。
 私の場合は祖父母も遠かったのでほんとうに二人きりの生活でした。
 祖父母が近くに住んでいれば1人で遊びにいったりできるでしょうし
 父親と面会交流ができているようであれば
 今ならLINEで交流もできます。
 母親以外に相談する人、遊びに行ける場所があれば良いと思いました。

 

いかがでしょうか
まだまだたくさん大変だったことはありましたが
とりあえず思いついたものを書きました。

 

こうして考えると
元夫との面会交流がきちんとできていて
今ならLINEで子供と元夫がやりとりをできる状況であれば
回避できる問題はたくさんあると思いました。

 

子供のためにも可能な限り
面会交流はあるべきですね。

 


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ