離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

自分の機嫌を他人まかせにしていませんか?

2018-09-19 20:46:40
テーマ:心

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日は自分の機嫌に関するお話です。

 

私は日々、皆さんのご相談を受けるために
自分自身のメンタル状態をしっかりと管理することを
心がけています。

 

なぜなら自分の精神状態が安定していない状態で
大切なお客様のご相談を受けることはできないからです。

 

しかし人間は誰でも調子の悪いときや
気分が落ち込むとき、女性は特にホルモンのバランスで
妙にイライラする時もあるものです。

 

そこで考えるのは
自分の機嫌は自分でとれる
ということです。

 

自分の気持ちは自分の心がけ次第で
よくなりますし、逆に悪くするのも自分自身です。

 

自分の機嫌が悪くなるのは
他人のせい。と考える人がいるかもしれませんが
それは違うと思うのです。

 

例えば不機嫌な配偶者から怒られたり責められたり
したとします。怒られたり責められたりして良い気分になる人はいませんが
その後に自分も怒るのか、落ち込むのか、悲しくなるのか
自分の悪いところを見つめなおすのか
これらのどれを選択するのかは自分で決めることができるのです。

 

もし、誰かに怒られて
自分も怒るのであれば、相手が自分を怒らせたのではなく
自分が「怒る」という選択をしたということです。

 

そのように考えると自分の気持ちをいかようにするかは
自分の好きなように選べるのだということなのです。

 

自分の機嫌は人にとらせるものではありません。
誰かに自分をどうにかしてもらいたいと
相手に自分を委ねている場合は
自分の思うようにいかなくなると自分のせいではない。と
相手に責任を押し付けたくなるのだと思います。

 

さて、みなさんは自分の機嫌を相手まかせにしますか?
それとも自分で機嫌をとりますか?

 

今日から今すぐに変えれるのは自分の心と行動のみです。

 


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ