離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

愛されているか不安・・・その気持ちの原因は

2018-07-28 22:56:31
テーマ:夫婦仲

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

「あなたに愛されているか不安」
と言われたり言ったりしたことはありませんか?

 

今日は「愛されている実感」とはどういうものか
というお話です。

 

愛されていることが常に不安で仕方がないという人は
自分に自信がない人です。

 

自分に自信がないから
相手の愛がほしくなり、常に相手に尽くします。

 

相手に尽くすだけなら問題はないのですが
厄介なのは
相手に尽くした分の見返りを求める
ということです。

 

そして自分の思う見返りが相手から返ってこないと
「私の事好きじゃないんでしょ!?」
と怒りだすのです。

 

こういったタイプの人は
相手が欲しがるだけ愛を与えても常に満足できません。
次から次へと欲しがるのです。

 

なぜなら常に「足りていない」という状況に支配されているので、
相手から見返りが返ってきても
足りない足りない まだ足りない。を繰り返すのです。

 

ではどうしたら満足するのか
というと
自分で自分を認めてあげること
なのです。

 

人に依存をして生きているため、
パートナーが何とかすれば問題を解決できるのか?と
考えてしまいますが、違うのです。

 

自分で自分を認めることができていないから
パートナーからの承認を強く欲求するのです。

 

人に承認されることで自分を成り立たせている

 

つまり

 

自分1人の力で立つことができていない状況なのです。

 

こういった人は他人というフィルターを介さないと
自分を認めたり評価したりすることができていない状況なので
その事に自分で気づき、自分で自分を認めることができない限り
大きく状況が変化することはありません。

 

もしパートナーがこのような状況なのであれば
愛情をあげてもあげても「常に足りない」という状況だということを
理解する必要があります。

 

そうしないと「どうしてこの人はこんなに足りたいのだろう???」と
こちらが病んでしまいます。

 

自立を促すのであれば
「自分を信じよう」「自分を認めよう」という心が芽生えるよう
サポートしてあげると良いでしょう。

 

夫婦といえども100%相手の心を理解することは不可能です。

 

相手の心を理解しようとしてはいけません。
透視能力者でもない限りムリだからです。
そうではなく
相手の気持ちに寄り添うことが重要です。

 

今すぐは難しくてもちょっとしたきっかけで
少しずつ夫婦の関係が良くなっていくということはよくあることですよ。

 


 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ