離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

あなたの夫婦生活「常識」に縛られていませんか?

2018-07-19 23:22:57
テーマ:夫婦仲

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

yahooニュースより興味深い記事を見つけました。
"無理に早起きすると、うつ・心疾患のリスクも…夜型の人に理解を!"

 

朝方人間、夜型人間は遺伝によるものもあるそうです。
かくいう私も多分「夜型」人間です。

 

20代の頃は夜11時に出勤して朝まで働く
夜勤をずっとしていましたが全く平気でした。

 

一方で夜11時過ぎてから活動するのは絶対に無理!
という方もいるでしょう。

 

この、「朝方」「夜型」というのは
カップルになると深刻な問題で
朝方人間は休日の朝6時に起きてアウトドアに出かけるのに対し
夜型人間は休日の前日は朝6時まで起きている
という全く真逆の生活ではケンカの原因にもなるでしょう。

 

世間的には「朝方人間」がきちんとしているという印象があるのに対し
「夜型人間」は自堕落である。自分に甘えている等「悪」とされるので
ケンカになると夜型人間の方が分が悪いですね。

 

こういった生活習慣の違いでお別れするカップルもいれば
生活習慣の違いがあっても上手に一緒にいることができるカップルもいます。

 

昨日の「家ついて行ってイイですか?」では
1LDKのマンションを隣同士で2部屋借りて生活しているご夫婦が出演していました。

 

え!?夫婦なのにどうして別々の部屋を借りてるの?信じられない??
と思う方もいるかもしれませんが、
夫婦のカタチに正解も間違いもありません。千差万別でいいのです。
お互いの気持ちや性格、生き方を尊重し合い
仲良くいられるスタイルで一緒にいるのであればそれがベストなのです

 

もし、夫婦生活なかなか上手くいかないな?
と思っている方は一度「常識」として決めつけていることがないか考えてみましょう。

 

お互いが楽しく仲良くいられるにはどうしたら良いのか?
この視点から考えていくことが大切ですよ照れ

 


 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ