離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

離婚後の戸籍はどのように表記されるのか?

2018-07-12 21:27:19
テーマ:離婚の知識

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日は離婚後の戸籍についてです。

 

離婚後に親権者を母親と決めた場合でも
子供は元夫の戸籍に残ったままになります。

 

離婚後に元夫の戸籍がどうなるのか?というと
元妻の部分が「除籍」と記載されていますが
元妻の氏名や婚姻日、離婚日等が書かれています。

 

このように戸籍が「除籍」となっていることが
昔は×で表示されていたため
離婚経験者を「バツイチ」と呼ぶようになったのですね。
(ちなみに今の戸籍は「除籍」と表記されているので
×はありません)

 

バツイチの男性と再婚した場合、
戸籍を取得すると前妻の名前が「除籍」となっていますが
残っている状態になっている。ということですね。

 

除籍された妻の下には
もちろんお子さんが元夫の戸籍に入っている状態のままです。

 

お子さんを妻の戸籍に入れるには
家庭裁判所に「子の氏の変更」を申し立てて
許可された書類を役所に持参したうえで
妻の戸籍に入れる「入籍届」を提出して晴れて子供の戸籍の移動が完了です。

 

離婚後の子供の戸籍には
「親権」という項目が増えており、
親権者を定めた日、親権者、届出人
の項目が記入されるようになります。

 

離婚後の妻は新しい戸籍を作成すると
「身分事項」という欄に「離婚」と記載され
離婚日と元夫の名前が記載されるようになります。

 

もちろん子供の父親欄は
実父の名前が記載されていますので
再婚相手と子供が養子縁組した場合は
実父欄に元夫の名前が記載され
養親欄に養子縁組した父親の名前が記載されます。

 

日常ではあまり戸籍を取得することが
ないかもしれませんが、取得した時にびっくりしないように
事前に戸籍の仕組みを知っておくとよいかもしれませんね。

 

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ