離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

元妻、元夫が再婚しても養育費は支払わなくてはならないのでしょうか?

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日は養育費の減額に関してです。

 

結婚した男性が元妻に対して養育費を支払っている
とう方もいらっしゃると思います。

 

結婚された際には男性がバツイチで
子供は元妻が養育して、養育費も支払っている
ということに納得されて結婚したと思います。

 

しかしながら、結婚して一緒に生活をしていくと
元妻に支払っている毎月の養育費は家計にとっては
大きな負担となってくるでしょう。

 

ですが
養育費を支払っている人が再婚したとしても
養育費を支払う義務は無くなりません

 

これはシングルマザーで子供を育てている
元妻の立場になってみると当然ですが
元妻の状況は全く変化していないのに
元夫が再婚したから養育費が払えなくなります。
というのは筋が通らないですよね。

 

養育費を減額できるのは
元妻が再婚し子供が養子縁組をした場合です。

 

子供が元妻の再婚相手と養子縁組することで
第一扶養義務者は養親となり
元夫は第二扶養義務者となります。
それでも完全に義務がゼロになるわけではありません。

 

元妻が再婚相手の収入で十分に生活ができる経済状況の場合は
養育費減額調停を申し立てて
現在支払っている養育費を減額してもらうようにお願いすることが一番です。

 

その場合は養育費や離婚問題に強い弁護士さんに依頼することもおすすめ致します。

 

なぜなら、養育費を減額してくださいと申し立てるのですから
「こういう理由なので減額をしてほしいのです」
ということをきちんと証明し主張しなければならないからです。

 

養育費を支払う義務があるのにもかかわらず
支払っていない父親がたくさんいるのも事実ですが
一方で離婚の際に取り決めた養育費を
大きな事情変更があったにもかからず
ずっと払い続けている方がいるのも事実です。

 

養育費は
親のためではなく子供のためのもの です。

 

その根本を忘れてはいけない社会になることを願います。

 

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ