離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

相手が離婚を拒否するのはどんな理由があるのか?

2018-06-10 21:54:17
テーマ:離婚のすすめかた

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日は離婚したくても相手が同意してくれない。
相手が離婚を拒否する理由について考えてみましょう。

 

①離婚条件が合わない
養育費や慰謝料等、二人の間で話が折り合わない場合
離婚条件を譲れない場合は
自分の納得する離婚条件を認めてくれるまで
「離婚しない」と話し合いをつっぱねることがあります。

 

この理由は離婚を切り出された方で
相手に浮気等の非がある場合が多い
傾向にあります

 

②自分が離婚される理由がわからない
男性の場合は社会的地位が高く、高収入であり
飲みに行ったり浮気をしたりということがない方
女性の場合は専業主婦で家事・育児を完ぺきにこなしている方
つまり、文章にするととても良い夫、良い妻である場合です。
どちらかが「性格の不一致」で離婚を切り出しても
自分のしている事が完ぺきである。自分は夫として、妻としての
つとめを完ぺきにこなしている。という思いが強い場合は
どうして離婚と言われるのか納得がいかない場合があります。

 

③世間体が気になり自分がバツイチになることが耐えられない
離婚がまさか自分にふりかかってくるとは思っていない場合です。
また、バツイチということをバカにしたりさげすんでいる場合は
自分がそのような事態になることが受け入れられず
ただただ離婚を拒否することがあります。

 

さて、いかがでしたでしょうか?
離婚を拒否されているにも
いろいろな相手方の想いがあるものです。

 

ただ闇雲に離婚を進めて行っても
協議が整わず調停や裁判に発展することもあります。
相手がどういった心境なのか?が
わかってくると対応できることもあるのではないでしょうか。


 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ