離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

不倫で苦しむ方へ 相手を許すということ~許すことは自分のために

2018-06-27 21:33:45
テーマ:不倫・浮気

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

以前に「有責配偶者からの離婚請求」記事に
記載させていただきました
本日は相手を「許す」ということについて考えてみたいと思います。

 

不倫をされたら、相手の事を許せないです。
もちろん不倫相手のことも許せないです。

 

自分を傷つけ、裏切られた衝撃と
ダメージは計り知れないものです。
これは体験した人でなければわかりません。

 

私も元夫に不倫され
不倫相手の女性とも直接対峙し
結果として元夫は不倫相手と同棲し再婚。
自分の子供を捨て
不倫相手の女性の子供と平然と暮らす。

 

という私にはとても理解できない状況になりました。

 

しかしながら、元夫と不倫相手に怒りの感情を持ち続けることは
この二人と同じ土俵にあがる
ということなのです。

 

相手のしたことや感情を全く理解できないのに
同じ土俵にあがっても勝負がつくはずがありません。

 

すもうに剣道で戦いを延々と続けるようなものです。

 

数年経ったころから
相手を許すことで自分が幸せになる
という言葉に心をうたれるようになりました。

 

そうしているうちに不思議と元夫への怒りの感情がなくなっている自分に気が付きました。

 

不倫相手と幸せになれるのならなったほうがいい。
むしろ不倫相手がきちんと金銭の管理をしてくれるのであれば
養育費が滞らずに済むし。
なんて考えるようになりました。

 

今となっては結婚していたころの自分の言動にも
反省すべき点はたくさんありますし
元夫は私の待つ家に帰ってきたくなかっただろうなぁ。
という気持ちもよくわかります。
(だからといって不倫をしていいわけではないですよ。)

 

元夫を許す。そして子供を授けてくれたことに感謝をする。
そうしたことがちょっぴりちょっぴりできるようになってきてから
私の気持ちもステージが1つ上がり
幸せに近づいていったように思います。

 

配偶者の不倫で傷ついているみなさん。
配偶者と不倫相手が乗っている土俵からは
なるべく早く降りて、そこよりももっと高い高いところにあるステージに
是非移動してください。

 

相手を許すことは相手のためにするのではありません。
自分のためにするのです。
相手が嫌がるのはあなたが苦しめることではありません。
あなたを苦しめたことの報いはあなたがおこなわなくても
必ず別のところから受けることになるでしょう。

 

(ちなみに私の場合、元夫とバツイチ同士で再婚した不倫相手の女性は
数年後に離婚し、お互いに×2になりました)

 

不倫で苦しんでいるみなさんに
必ず幸せが訪れますように願います。

 

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 



ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ