離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

離婚したいと言われたらまず何を考えるか?

2018-05-30 20:43:54
テーマ:離婚のすすめかた

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日は離婚協議のすすめかたのお話です。

 

離婚はどちらかがはじめて「離婚したい」と申し入れて
そこから協議がはじまります。

 

「離婚したい」と申し入れた方にとっては
長い期間悩んで悩んでようやく切り出したと思いますが
言われた方としては寝耳に水、突然で急な話だ
と受け取られる事も少なくありません。

 

突然言われた方からすると
感情的にもなりますし、怒鳴ったり泣いたり
といった状態で話し合いにならないこともあるでしょう。

 

そこであなたが離婚を切り出した側でも
切り出された側でもどちらの立場でも心がけてほしいのは
「あなたのゴールを決める」
ということです。

 

つまり、あなたの中の譲れない条件から
決めて行動する ということです。

 

慰謝料を何としても請求するのか
養育費を取り決めた公正証書を作成するのが1番なのか

 

自分の中で何を1番のゴールに設定するのか
といういわば「芯」をもつことによって
感情的になったり、相手のペースに飲まれそうになったりしても
自分の気持ちとペースを守りながら
有利に交渉することができます。

 

離婚協議で感情的になってしまい
毎回全く話し合いにならない方は
この「芯」がぶれているのことが多いのです。
「芯」がぶれてしまうと、自分で何がしたいのか
よくわからなくなり、その場の感情で行動をしてしまい
相手の言葉に売り言葉に買い言葉になって
全く話し合いにならなくなってしまいます。

 

このように言い合いばかりを繰り返していても
自分の利益になることはありません。

 

「離婚」という言葉が夫婦の間ででた後は
1人でゆっくりと自分の気持ちと向き合って
どういう結果を目指して進んでいくのか
をまずはしっかりと考えることが大切です。

 

1人で考えられない場合はカウンセリング等を
利用されることもおすすめします。
自分の気持ちを第3者に話すことによって
話をしながら自分の気持ちが整理できることも
期待できますよ。


 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ