離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

離婚したいが住宅のローンが残っている場合何から始めたらよいか

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日は離婚と住宅ローンについてのお話しです。

 

離婚を考えた際に、住宅ローンが残っている場合
離婚後の支払いはどうしたらよいか?
お悩みの方も多いと思います。

 

まず確認していただきたいのは
土地・建物の名義 です。
夫の名義になっているか
妻の名義になっているか
夫婦の共有名義になっているか
名義が誰なのかによって離婚後にとる手続きはことなります。
法務局で登記簿謄本を取得して土地・建物の名義を確認しましょう。
抵当権の有無も登記簿で確認できます。

 

次に住宅ローンの債務者と連帯保証人について確認しましょう。
夫が債務者 妻が連帯保証人
夫と妻がともに債務者となっている連帯債務
妻または夫の両親が連帯保証人になっているケースもあります。

 

次に不動産屋数件に依頼をし
土地・建物の現在の価値を査定してもいらいましょう。
査定結果で住宅を売却した際にオーバーローンになるかどうかを判定します。

 

まずはこれら3点を最低限でも確認しておくことが大切です。
・土地建物の名義
・住宅ローンの名義・連帯保証人・残債の金額
・現在の土地建物の価値

 

そのうえで離婚後に住宅に夫または妻のどちらかが
継続して住むのか?売るのか?を検討します。
上記3つの情報も照らし合わせて離婚時の公正証書に
どのように約束を交わすのかがポイントになってきます。

 

離婚後の住宅ローンの支払いと名義変更は
そのケースによってことなりますので
専門家に相談されることをおすすめ致します。

 

相談する上で上記の情報は必要になりますので
まずは情報を取得しましょう。

 

 

A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ