離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

札幌市 シングルマザーが家賃にかけられるお金はいくら?

2018-12-08 22:17:39
テーマ:離婚の知識

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日は離婚後のシングルマザーの生活について
考えてみたいと思います。

 

まずは札幌市のシングルマザーの年収のシュミレーションです。

 

例えば札幌市のコールセンターでは
時給が1000円オーバーのところも現在ではたくさんでてきました。

 

例えば
時給1100円
月曜日~金曜日
9:00~17:00まで 7時間勤務
=1100×7×20=15万4千円

 

賃貸マンションに住む場合は
下記の条件が良いでしょう。
◎職場への通勤時間が30分以内
⇒通勤時間が30分を超える場合は
小学校1年生になった時に
子供より早く家をでなければならず、朝の出勤時間を1時間遅らせることになってしまいます。
いわゆる「小1の壁」が出現することになりますので
通勤時間を最優先で選ぶと良いでしょう。

 

◎1LDK~2LDKの間取り
子供が1人の場合でも学習机やベットを用意するとなると
できれば築年数を落としても2DK~2LDKの間取りがあると良いですね。

 

◎贅沢を言うならオートロック、カメラ付きのモニターがあるインターホン
⇒子供が1人で留守番をする事を考えると
セキュリティが高いほうが良いですが、家賃も上がりますので悩むところです。

 

通勤時間を最優先で選ぶ場合、地下鉄駅の近くが必須条件となります。
すると1LDKでも5万円はオーバーしますので
5~7万円くらいが家賃の相場と言えるでしょう。

 

家賃は手取り収入の20%が理想です。多くても30%を限界値としましょう。
すると6万円の家賃の家を借りる場合 30%になるようにするには
手取りで20万円が必要になります。
上記のモデルで月収15万4千円の場合は養育費が毎月5万円は必要という計算になります。

 

児童手当、児童扶養手当は
基本的に毎月の生活費としては使わずに、養育費が遅れたり、ストップしたときの備えにしたり
子供の洋服を購入したり、学校や保育園に必要なものを購入するお金として計算したいので
毎月の収入には計算せずに家賃がいくらまで限度なのかを考えます。

 

このように札幌市で賃貸住宅を借りる場合は
かなり厳しい状況になります。
養育費が遅れたり止まったりすると生活できないという事態を防ぐためにも
できれば家賃は5万円以内に抑えたいところです。
家賃を安く抑えるためには市営住宅の申込も検討してみましょう。

 

もし、婚姻中に購入したマンションや一軒家のローンを
夫に代わって支払い続ける場合も上記の金額が目安ということで押さえておきましょう。

 

離婚してから生活に困るということのないように
生活資金の計算はきちんとおこない、
養育費の遅れやストップがないように必ず公正証書で約束をすることをおすすめ致します。

 


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ