離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

離婚を決断したら・・・あなたはいつ離婚しますか?

2018-12-06 21:54:41
テーマ:離婚の知識

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

離婚したい・・・だけどできない・・・・・
悩んでいる方もたくさんいるでしょう。
また、子供がまだ小さいから子供が成人するまでは我慢しよう
そう考えている方もいるでしょう。

 

離婚を決意して、いつ離婚するのか?
それは人それぞれです。
離婚を決意したらいち早く離婚したい。と思う人もいれば
夫へは無関心になりながら表面上ではうまくやり
裏でしっかりと離婚を計画できる人もいます。

 

子供が小さいうちは子供のために離婚はしたくない
と考えて我慢を重ねる人もいるでしょう。

 

一概にどれが正しくてどれが間違っているというものはありません。

 

人それぞれ離婚を考えてから離婚できるまでの時間は違って当然です。

 

今日はすぐに離婚をする人、
時間をかけて離婚を計画する人
それぞれに気をつけてほしい事をまとめてみました。

 

〇すぐに離婚をする人〇
・養育費についてはしっかりと公正証書で取り決めをしましょう。
 もう顔もみたくないと思っていても養育費について約束をしないまま離婚すると
 離婚後に養育費が支払われなくなるパターンが多いのは事実です。
 また、その時は感情的になっていて「養育費はいらない!!」と思っていても
 シングルマザーでの生活は生易しいものではありません。
 離婚後にやっぱり養育費がほしい、、、と思っても元夫と連絡がつかない、
 居場所がわからないとなると交渉も難しくなります。
 養育費の他にも財産分与や慰謝料等は離婚後2年間は請求できます。
 離婚後にトラブルにならないよう、養育費と一緒に公正証書を作成しておきましょう。

 

〇時間をかけて離婚を計画する人〇
・離婚を決めてから夫と一緒に過ごす事は過度のストレスを生みます。
 子供のためにと耐えていてもその様子が子供にとって悪影響である事もあります。
 また、毎日我慢をしている母親の姿を見ていると自分の悩みや相談したい事も
 母親に言えなくなってしまうという場合もあります。
 計画的に離婚をすすめる場合は子供へ影響がないように考える必要があります。

 

離婚を考えてから実際に離婚するまでの期間は
本当に様々です。
どちらにせよ人生終わってから後悔をしないように
メリット、デメリットをしっかりと考えて
自分にとって最善の道を選べると良いですね。

 


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ