離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

迷惑な社内不倫 バレていないと思っている不倫お花畑への対応は?

2018-12-03 22:31:19
テーマ:不倫・浮気

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日は社内不倫について考えてみましょう。

 

不倫している当事者の考え方は
「不倫脳」「不倫お花畑脳」と言われるくらい
二人の世界に入り込み、家族や職場の同僚が
全く見えなくなる困った状態になるのは少ないことではありません。

 

社内不倫では周囲の同僚皆が不倫の事実を知っていたり
多数の目撃情報があるにも関わらず
当事者の二人は「周りの人は気づいていない」と思っており
そのうちに社内での行動もエスカレートしていきます。

 

そうするうちに仕事にも影響がでてきます。
・上司である男性が不倫相手の女性部下に対してだけ甘い
・社内でイチャイチャしていて見ていて気分が悪い
・業務中によく二人で席をはずす

 

このように一緒に働いている同僚は居心地が悪いものです。

 

では、どのように対応したらよいのでしょうか?

 

まずは会社にパワハラやセクハラのホットラインがあれば
そちらに不倫の事実を話して対策をしてもらうように話しましょう。
1人の意見では不倫というプライベートな問題の性質上
上層部も動きにくいところがありますので
不倫の事実を知っている同僚数人で訴えるのが良いです。

 

過去、社内不倫が理由の懲戒解雇の裁判では
会社の業務内容や不倫の状況で判決内容が異なっています。
単に社内不倫が原因で社内の空気が悪い、皆が嫌な思いをしている
というような理由で懲戒解雇は難しいのが現状です。

 

しかしながら、営業職でクリーンで清潔な職場・会社の風土を
売りにしているような場合は取引先への影響も考えられますので
そのままにしておくわけにはいかないという事もあるでしょう。

 

不倫している上司よりも上の役職者を動かすには
数人の意見があると効果的ですね。

 

まずは「誰にもバレていない」と思っているお花畑な二人に
周囲が全員知っていて迷惑をしている
という事実を伝えることが対応の第一歩です。

 


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ