離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

不倫相手に慰謝料請求したら半分しか払わないと言われた

2018-10-26 23:13:27
テーマ:不倫・浮気

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日は不倫慰謝料に関するお話です。

 

次のケースについて考えてみましょう。

 

〇主人の不倫が発覚しました。
離婚はしませんが不倫の慰謝料として主人の不倫相手に
100万円の慰謝料を請求しました。
不倫相手からは支払い了承の返事がきましたが
私1人の責任ではないので夫に半分負担してほしいと主張しています。

 


不倫は不倫した配偶者と不倫相手による
共同不法行為 です。

 

慰謝料が100万円だとすると
・不倫相手のみに100万円請求する
・不倫した配偶者のみに100万円請求する
・不倫相手に50万円、不倫した配偶者に50万円ずつ請求する
上記のように請求する方法を選ぶことができるのです。

 

配偶者が嫌がる不倫相手を無理やりに誘った等の
特段の事情がない限り
不倫慰謝料の負担割合は不倫相手と不倫した配偶者で半分ずつとなります。

 

よって総額100万円、負担割合が2分の1の場合
不倫相手が100万円の慰謝料全額を負担した場合
2分の1を超える部分。つまり50万円を不倫した配偶者へ
払ってほしいと言うことができるのです。

 

あくまで全額支払った後に不倫した配偶者へ
「あなたの負担部分も私が払ったのだから
私が負担した50万円を支払ってよ」
という事ができるということなので
全額支払う前に「私は50万円しか支払いません。
残りの50万円は旦那さんからもらってください」
と言えるわけではないので注意が必要です。

 

不倫は1人でするものではありませんので
不倫した2人で慰謝料を負担するという事ですね。

 


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ