離婚したい時の準備として公正証書作成をメインに子供や手続きに関するお悩みを札幌を拠点に女性目線でサポートをさせていただきます

札幌離婚相談 | ひとみ行政書士事務所

オリラジ中田さん&福田萌さん夫婦に学ぶ夫婦の分担とは

2018-10-25 15:03:14
テーマ:夫婦仲

こんにちは 行政書士 今井仁美です。
本日もご覧いただきありがとうございます。

 

今日はエンタメニュースから下記の記事をみつけました。
「私が完全に夫に甘えてました」 オリラジ中田敦彦「良い夫をやめた」宣言に妻の福田萌が謝罪

 

記事内容によると
福田さんから、仕事時間を減らして育児を手伝ってほしいと求められた中田さん。
育児を手伝う時間を増やしたものの、「ここがだめ」「ここが足りない」と要求されるレベルが次第に上がっていき、
結果的にお互いのストレスが増大して夫婦の溝が深くなったようです。
現在は話し合いで夫婦関係はよくなったようで
中田さんがテレビのレギュラーを卒業するんだなぁと思っていたら
こんなことがあったのですね。

 

このような事はどこの夫婦でも起こることなのだと思います。
なぜ家事や育児を手伝ってくれる夫に対してイライラするのか?
それは夫に対する期待があるからです。

 

これくらいは言わなくてもわかってくれるはず
これくらいはやってくれるはず
いつも私がやっているのを見ているんだから言わなくてもわかるはず

 

いえいえ、きちんと手順ややってほしいことを説明しなければ
透視能力者でもない限り
あなたの求めている100%には届かない事は明白です。

 

もし、あなたの子供が家事をお手伝いしてくれた時に
不十分なところがあったら怒ったりイライラしたりしますか?

 

多くのお母さんはできていない部分に焦点を当てて
怒ったりイライラするのではなく
できている部分に対してたくさん褒めるはずです。

 

そうする事で子供の承認欲求が満たされ
「自分もできるんだ!」という自信になり
また次もがんばろう!次は新しいことに挑戦しよう!という気持ちが育つのです。

 

夫も同じです。
夫がやってくれた事に焦点を当てて
感謝の気持ちを常にもっていると、もっともっと手伝ってくれるようになり
あなたの理想の夫にどんどん近づいていくことでしょう。

 

夫婦関係が悪くなるも
夫婦円満になるも
実はちょっとした小さな歯車がどちらに回転していくかなのです。

 


A bright future will come tomorrow

 

この記事をお読みになった皆さんの
未来に幸せが訪れますように。


 


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 代表挨拶 ご相談の流れ 料金プラン アクセス お問い合わせ